このページから読んでみる?(´・ω・`)

10000文字で記事を書くとSEO対策に効果的であることが証明された。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

ブログの平均文字数は、1500文字~2000文字だとされていますが、

検索上位に長く生き残り続けるためには、どうしても、大型コンテンツ、文字数で言えば、

3000文字から6000文字、最終的には、1万文字程度なければ厳しいと思いますね。

理由は、メンターがこのサイトで所有する記事の10000文字コンテンツが3ヶ月間、検索上位から外れたことが一度もないからですね。

文字数が多いということは、グーグルに対して最大の情報源アピールをすることに繋がりますし、資産記事としても高い評価を読者から受けることができるでしょう。



文字数は少ないよりも断然多いほうが良い、ただし、10000文字以上は必ずしも必要ではない

大型コンテンツと言えば、6000文字から~10000文字程度のコンテンツを言いますが、記事の量産をある程度意識した場合、どうしても、

1記事6000文字や大量の文字数では記事作成に効率の悪さを回避することはできません。

また、記事の品質に対しても、毎回、10000文字以上の文字数で書いていたら、ブロガーやアフィリエイターの負担は、半端ではなくなりますのでオススメはできません。

そして、メンター自身も、過去に10000文字以上のコンテンツを、このサイトでアップロードしたことがありますが、1日中時間をかけて、やっと1記事執筆できた程度です。

最悪、2日の期間を要したこともありました。

このように、普段ブログや記事を書き慣れている人でも、10000文字という文字数は精神的にも肉体的にもダメージは大きいんですね。

3000文字程度のコンテンツなら、少しブログを書き始めた人でも、勢いに任せて書くことができますが、メンターの経験から言うと、

5000文字程度から、一般の精神状態の人なら辛くなってきますね。

そして、10000文字の場合、勢いだけでは無理で、徹底的に情報をリサーチし、濃い内容の記事に仕上げ、

目的のある記事内容にしなければ読者の興味は極端に薄れるので、記事を書いた時間が無駄になることだって有り得ます。

大型コンテンツの場合、キーワード選定は必ず、多くの読者が検索する需要あるキーワードで書かなくてはなりません。

10000文字のコンテンツで失敗してしまったらやり直しが利かないので、特に慎重になる必要があります。

ただし、SEO対策=検索上位表示に対して固執する必要はなく、ジャンルやあなたの執筆レベルに応じた記事を書けばいいだけです。

闇雲に文章が長いだけの10000文字コンテンツを更新したとしても、成功するかは分かりません。

ひとついえることは、検索エンジンにおいて文字数は、やはり順位決定に重要で、文字数が10000文字を超えると、

上位表示に確実に長く残ることができることは断言できます。記事の労力が最終的に検索上位表示を実現し、労力に応じた対価となって順位に表れるんですね。



あなたの執筆レベルに応じた記事内容で勝負しなければ必ず失敗する

文字数が多いからと言って、SEO対策に必ず有効というわけではありません。

検索順位は、アルゴリズム200種類以上の規模で慎重に決められており、文字数だけ多ければ上位表示されるというものだけなら、

10万文字書けば勝ちみたいなことになってしまうので、単純な問題ではないんですよね。

でも、あなたが、ブログでお金を稼ぎたいのであれば、最低でも、2000文字は頑張って書いて欲しいと思いますね。

できれば、3000文字が理想です。なぜなら、3000文字毎日書ける人が少ないから、その時点で差別化図れるんですね文字数的に。

1万文字を一つ毎日更新するよりも、扱うキーワードが増える意味で、中規模の記事構成にして頻繁に記事更新したほうが検索エンジングーグルにも好まれます。

3000文字が少ない、大したことないって考えている人がいるかもしれないですが、

普通のブログ書いたことない人が3000文字で専門記事を執筆することは、相当な時間がかかりますよ?

あなたができることは、2000文字という文字数で記事を更新し続けることだけですね。

文字数3000文字については、作業レベルが上がってきたら実践するようにしてください。

書く内容が伴っていなければいくら文字数を増やしても、ただの自己満足で終わってしまうので。

執筆レベルを客観的に判断して、あなたがいくらの文字数なら少し辛い程度で済むのかを分析して、毎日苦にならない範囲で更新しなければグーグルから高い評価を得ることはできないですし、読者からも新鮮な情報を与えることができなくなります。

ブログは、更新できなくなったら負け、お終いなので、いかに長く運営していけるかどうかがカギとなります。更新頻度がブログ運営は第一だと考えるべきですね。

大型コンテンツは毎日投稿できるわけではありませんし、記事ネタに関しても濃い内容を毎回書けるわけではありませんからね。



記事を書くときに何を目的にするのかを最初の執筆段階で決めるべき

書く内容が読者に伝わらなければ、読者に敬遠され読者離れが起こりますよね。更に、文字数が多ければ多いほど、読者が読みづらくなり、離脱率も上がります。

2000文字が読者に負担を与えてない文字数だと言われていますが、この理想的な読書可能文字数に関しては様々な意見が交わされており、

正しい文字数というのは、サイトデザインや書き手の書き方によって変更がありますね。

文字数が多ければ、提供できる情報量も増えますが、読者が読まなければならない部分も同時に増えるので、

結論から最初に書いて結果を伝えた上で最後まで読んでもらう工夫を取り入れる必要があります。

あなたが、記事を書くときに何を目標にして、読者に何を伝えたいのかを吟味した時に、文字数が果たしてどれぐらい必要なのかを事前にある程度考えることをオススメしますね。

反応を得られる文章を書くためには、文字数はある程度(2000文字から3000文字)は必要ですし、

それぐらい書かないと、文章が短いという不安印象を読者に与えてしまいます。

それなら、長くもない、短くもない纏まりある文章を執筆して量産していったほうが最終的にプラスになるという算段です。ペラサイトとは少しの文字量で稼げますが、

安定しないし、パワーでも運営の仕方を間違えれば、結果は中々出てこないんですね。



10000文字コンテンツを作成した時の労働対価が大きいのは間違いないと断言できる

検索上位に長く残るのは、散々、口を酸っぱくして言ってきましたが、間違いなく超大型コンテンツです。

世の中には、30000文字とかいう文字数記事を何日間に渡り作成する人もいるぐらいなので、文字数を意識してSEO対策をしているという何よりの証拠ですよね。

3000文字程度だったら、あなたにも書けそうな気がしてきませんか?少し上のレベルに到達したいと考えませんか?

挙句の果てには、5000文字が平均文字数として記事が書けるようになってきますよ。

全ては、更新頻度にかかっているわけですが、大事なのは記事を多く読者に届けることがアフィリエイトやブログで収益を多く上げ、資産化できるコツです。先ほども言いましたが、最終的にはブログを更新し続けた者だけが生き残るんですね。

たとえ、10000文字で記事を書いたとしても、数年経てば、検索上位からいずれ外されることになるので、

ある程度の読者を惹きつけることができる文章を日々、毎日量産していくことが一番大切なんですね。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)