このページから読んでみる?(´・ω・`)

ブログ記事を1ヶ月(31日)の毎日更新で投稿するとSEO効果が高い。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

このブログも、3ヶ月経過しSEO対策効果が確実に表れていることをお知らせします。というのも、現在の平均ユーザー数、25人程度、そして、平均PV数に限っては、43PVという実績になりました。

100PVに届かないぐらいになり、88PVが最高です。そして、何よりもジャンル特化ブログの強みが、3ヶ月経過した今頃になり、頭角を現し始めました。

ブログのPV数は一般論で話すと、50PVが毎日平均PV数として安定していれば健闘している方だという情報を見て、メンターのアフィリエイト旅行記も、記事を確実に増やすことによって、PV数が伸びることを改めて実感しています。



ジャンル特化型ブログで、一度獲得したPV数、ユーザー数が減少することは稀である

私がなぜ、特定の2つのジャンルに絞って日々、記事投稿をしているのか、勿論、PV数を一点の読者層に向けることにより、毎日見てもらえる確率が上がるからです。

そして、ジャンル特化ブログの一番のメリット、それが、一度獲得したPV数が2度と減ることがないという点です。あなたが、今まで書いてきた膨大な記事がある日突然、検索上位表示になり、訪問者への入り口が増え、アクセス獲得に繋がるというプロセスです。

最近の傾向としては、土日関係なく、高い集客力を実現できるようになり、読者の質から見ても、土日に時間を取れる人の割合が多いので、ページ回遊率(直帰率低下)が飛躍的に伸びました。平日では、1.5だったのが、最終的に3.3回遊まで伸びましたね。

ということは、平日に来てもらえるような記事を書くことができれば、PV数を伸ばすことはできるのですが、メンターが執筆する際にこだわりがあり、不労所得に繋がる記事を生み出し続けることなんですね。

トレンド記事には、魅力を感じず、アドセンスで莫大なお金を一時的に稼げるのかもしれませんが、どうしても一時的報酬という一過性の現象になってしまうので、記事を書く労力が無駄になってしまう気がしてモチベーションが上がりません。

ということは、トレンド記事に対しても、低品質コンテンツを生み出してしまう可能性を捨てられずにいます。また、グーグルはトレンド記事を嫌い、トレンドサイトがグーグルアップデートにより、圏外へ吹っ飛ばされている情報も度々耳にしており、安定性を実現するには程遠いアフィリエイト手法だということも判明しました。

一度、書いた記事が生涯に渡り、不労所得を提供してくれる価値のあるコンテンツを作ることが、私の使命であり、仕事だと考えています。厳密に言えば、トレンドというのは、アフィリエイトの仕事とは違うんじゃないのかなって考えています。



ジャンル特化型ブログが、グーグルの理想像(ビジョン)であるということ

先ほども、トレンドアフィリエイトについて少し触れましたが、検索エンジンの主な利用目的は、芸能人の流行やファッションを追いかけることが仕事ではありません。

人が解決したい悩みを最短その場で正確な情報源をグーグル検索エンジンは望んでいるんですね。言葉は乱暴ですが、下らない記事を書いているのであれば、一刻も早く、グーグルが理想像として掲げている記事を書いたほうが、優遇してもらえるよってお話ですね。

私の記事達は、確実にPV数を獲得できる記事に変貌してます。検索順位が上がって訪問者の目に触れる機会が多くなるというのは、将来的に、爆発的なPV数を生み出すことに繋がるんですね。

そして、グーグルに好まれる文章スタイルとサイト運営スタイルになっているので、圏外に飛ばされることは、ほぼなく、後は、記事を投稿していけばPV数が伸び、報酬が伸びるだけという計画的犯行を実現できるんですね。

記事を書き続ければ、時間経過と共に、PV数が増していくのは本当の話だったんですね。何故、1000文字にしていれば、グーグルから嫌われることがないのか、究極を言えば、1000文字程度のコンテンツを投稿して最低限のSEO対策を施しておけば、機械的に見れば、SEO効果は期待できるので、検索順位が上がり、PV数獲得に貢献するんですね。

つまり、記事内容よりも記事を投稿し続けて、PV数が爆発する時まで待つゲームなんです。アフィリエイトって。SEO対策は単純な問題ではありませんが、ひとつだけ攻略できる部分があって、記事を投稿し続けることで、確実に誰でも、効果が実証できるレベルにまで到達することができるんですね。

SEO対策の記事については、誰でも詳しい内容を書くことができ、また、アフィリエイター及び、ブロガーから見れば、とても良心的で有意義な記事となります。2018年現在のSEO対策の記事としても、最新版という形で読者に提供することができるので、全体的な訪問層を獲得することができ、私のブログに価値が生まれます。



1ヶ月(31日)記事毎日更新は、やはりSEO対策に著しく効果的だと断言する

ブログのSEO対策については、全ての人が同じ条件でブログ運営していたとしても、効果がバラバラになることが多いです。何故なら、運営するサイトタイトルや記事の文字数の違い、記事の品質=PV数などが個人個人で全く異なるからです。

その情報の信憑性が乏しい状況の中で、メンターが断言できることがあり、記事を毎日更新していれば、確実にブログに価値が生まれ、濃い内容の記事を書くことができるということですね。

一般の人が3000文字を1~3記事毎日更新できるわけはないので、差別化を図るため、そして、アフィリエイトというキーワードを無視したタイトル付けを記事に行い、PV数を図ると、ビックキーワードを含んだ記事タイトルは、上位表示が難しく、3ヶ月経過したところで、少しずつ順位が向上するという結論になりました。

ということは、必然的に、キーワードライバルが弱いモノを極めていけば、正直10,000pvは難しいわけではないでしょう。でも、メンタ-は、ライバルが弱いところで記事を書きたくないですし、集客効果としては弱いです。

どうせ、記事を書くなら、大胆にレッドオーシャンを狙い、一攫千金を目指したほうが最終的にサイトやブログが成長してきた時に断然有利だと考えています。そのための基礎作りとして、1000文字コンテンツ、3000文字コンテンツと基盤を固めているわけですね。

1ヶ月毎日高い品質で記事を更新し続けると、順位が圧倒的に上がるわけではないですが、少なくとも、安定を将来的に求めていくのであれば、不労所得記事を高い品質で書いて、読者に満足してもらい、収益化を図ったほうが、効率的ですよね。

1つのサイトで安定した多額のお金を稼げるようになれば、そのブログ1つだけで食べていくことが可能になるので、コストもかからないですし、ブログ一つだけに集中することができるので、誰でも、高い品質記事を実現することが容易になるわけですね。



記事を書き続ければブログでお金を稼げるようになるという基本は変わらない

ブログは、記事を書き続けてこそのブログです。収益化を考えるのであれば、日記や個人的なことではなく、個人の主張を交えたブログ記事にするべきです。読者が有益だと感じるような高い一貫性のある情報源でなければ、読者は、あなたを信用してくれないでしょう。

メンターが3ヶ月経過後のブログ運営で変わってないこだわりは、常にブログ全体を新鮮にしておくこと、信用される文章スタイルで記事を書くこと、不労所得以外の記事は書かないということです。

きちんと丁寧な記事を書いていると、3ヶ月の運営段階で記事執筆依頼のお仕事を獲得できますし、文字単価も自分の好きなように設定させてもらって記事を書くことができるので、顧客満足度を高い水準で実現できます。

文字単価が低いということは、ライターのモチベーションが上がらないことを意味しますし、1文字=0.3~0.5の文字単価では、タイピングという労力に対して効率が悪すぎます。私は、過去にも文字単価に触れていますが、1文字2円というレベルでライティング依頼をお引き受けさせてもらっています。

このように、高い品質の仕事をするためには、読者や、その道の関係者・プロに認めてもらう必要があり、媚びるわけではありませんが、最低限の努力は欠かしたくありません。人間、正しい方向へ努力していくことができれば、誰か見ていてくれるので良い証明になったと実感しています。

あなたが、これから先、ブログでお金を稼いでいきたいのであれば、これだけは約束してください。一つのことを永遠に極めるということを。一つの専門分野を極めることができれば、当然その道のプロになることができるので、ブログ運営アフィリエイトで将来稼ぎながらも、SEO対策を教える立場としての未来も開けてきますよ。

長く続けるコツは、どれだけその分野に対して長く研究することができるかどうかです。アフィリエイトでお金を稼ぐ以上、SEO対策は避けて通れないので、引き続き実験を交えながら報告させてもらいますね。1ヶ月、31日毎日更新はあなたのブログ運営を、不透明な情報源から確実に道筋を通してくれるでしょう。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)