このページから読んでみる?(´・ω・`)

ライティング(記事作成)の仕事を依頼された時に思ったこと。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

このサイトを作成してから、ライティングの仕事が入ってくるようになりました。そして、昨日、依頼者の記事作成の仕事を終えました。

今回、依頼主のライティングをして、感じたことがありました。それは、自分の利益のために書く記事と人のために書く記事の品質は全く違うものになり、仕事のしやすさが全然異なるなと思いました。



ブログでは、仕事と利益の両立は難しいと改めて感じた

趣味ブログ然り、専門サイト然り、それぞれ異なったサイト運営方法では、利益の出し方がまるで違い、一筋縄ではいかないと感じましたね。特にライティングを人のために書くとなると、当然、知らない話題やネタについて勉強していかなければならないため、リサーチ労力がかかります。

知らないネタを強制的に調べなくてはならないので、楽しいといえば楽しいですが、記事作成のスピードはどうしても落ちてしまいます。そんな中で、利益を出せる方法は、趣味で継続しながら少しずつ収益を生み出していく方法が一番簡単かつ、誰にでもできると強く思いました。

ブログでお金を稼ぐって魅力ある反面、稼げるまでにかかる時間が膨大なので、稼げるまでの日数を考慮すると、改めて効率的ではないという厳しさも味わいました。これから、ライティングを通じてあなたがお金を稼ごうとするなら、予め、記事作成を引き受ける料金を自分で決めて納得できるレベル仕事内容であれば引き受けるようにしましょう。



私が、ライティング(記事作成)を引き受けるときに1文字2円という文字単価に設定している理由

通常、クラウドワークスや、ライティングを引き受ける際の1文字の単価は、0.5円やそれ以下が普通です。しかし、ライティングの仕事は、下請けになればなるほど、利益が薄れていき、儲からない仕事としても有名です。

メンターの場合、予め提示した料金で読者から執筆依頼をもらって、特別単価という形で仕事を請けるようにしています。理由は、記事に対しては文字単価を必要以上に気にしており、記事を書くのにも、高い労力と集中力を要求される仕事だからです。

記事を書く人は人間で、機械やツールを利用しない限り、労力が向けられるのは執筆者なんですね。1文字2円という文字単価であれば、自分としても仕事料金として納得できるし、読者(依頼者)に下手なものは絶対に提供できない、サボることはできないという心理的戒めを持つことができるからです。

文字単価が高いことは、記事の品質を無意識に高め、読者さんに納得してもらえるような情報提供を実現できるという値段以上の付加価値を生み出すことができます。そして、納品速度についても、仕事依頼を受けてから最短翌日には記事作成とサイト作成を完了させて、依頼者の満足度向上に繋げています。

他のライターと差別化を図るために、最短翌日、完全オリジナル文章という他の人には実現できないサービスを提供しているので、高い文字単価だとしても顧客を獲得できるというわけです。会社が利益を図るために、質の良いサービスをある一定の期間、提供するという戦略に似ていますね。

ライターという仕事は、労力に対して、文字単価が非常に低いという傾向があります。なぜなら、記事を書いている人は世の中にたくさんいるわけで、代わりがいくらでも、いるからという悪循環に陥るので、ただ記事を書くことだけに関して言えば、差別化を図ることは難しいからです。

自分からライティングの仕事を探すよりも、誰から信用してもらって高い単価を実現して記事作成したほうが、お互いにとって利益が出ます。満足度という意味でも、両者が満足するwinwinサービスを提供できます。

私が、1文字2円にしているということは、500文字で1000円の料金を取ることになりますが、この料金は、他のライターよりも圧倒的に高いライティング料金になります。高品質を取るのか、安い料金を取るのか、選択権は依頼するあなたにあるわけですが、どうせなら、少し高いお金を払って信頼できる人に、外注したいですよね。

少なくとも、私は、普通の人よりも信頼が獲得できるような文章を書ける自負があり、サービス評価からも物語っていますよね。文章作成に対するプライドとでもいいましょうか。最低限の品質とこだわりを貫き通したいんですよね。

メンターが自分の意見を強く主張することは滅多にありませんが、記事作成に関して言えば、アフィリエイターやブロガーよりも、強いこだわりを持っているかなと思います。そのプライドと誇りが、読者への圧倒的なまでの信頼となり成果となって表れます。

ちなみに、今回の依頼に関しては、ワードプレスサイト簡易作成と記事3000文字の執筆でしたので、合計で依頼主から1万円の価格で両方の仕事をやらせて頂きました。仕事を引き受けて良かったと思いますし、利用者も満足してくれました。割の合う仕事だと思いましたね。



記事作成(ライティング)という仕事は、一般の労働よりも見下されている傾向がある

パソコン関連の仕事って言うと、途端に掌(テノヒラ)を返したように、文句つけたり、一般の労働と比べて馬鹿にされることがよくあります。アフィリエイトビジネスにおいても、第一印象は、怪しいとか詐欺などのマイナス印象が強く残りますよね。

断言しておきますが、ライティングという仕事はあなたが思っている想像よりも極端に大変な仕事だということを申し上げておきますね。誰でも稼げますが、1文字辺りの単価を上げることは容易では決してないですし、通常は、1文字1円以下がほとんどなのです。

その中で、大きな額をライティングで稼ぐためには、人よりも書く数をこなしていき、作業を早くして、依頼主を多く獲得する必要があります。私は、アフィリエイトと兼用してライティングという仕事をしているので、記事作成依頼において困ることはないですし、顧客から依頼されて記事を執筆するので有利状況が違います。

なので、あなたがこれから、ライター・アフィリエイター・ブロガーとしてお金を稼ぎたいなら、自分が有利になる状況を作り出すことは大切だということを教えておきますね。

パソコンビジネスが普及して、誰でも参入することができますが、仕事競争が激化しており、インターネットが普及していくにつれて、競争は激しくなってきます。ライターの仕事では過去にも仕事の取り合いが、シュフティなどの記事作成依頼サイトでも起こっています。

記事作成を依頼する人は、お金を出してライター(個人・プロ・素人)などを雇うわけですが、プロでさえ安い単価の場合も普通にあり、ましてや素人ブロガーが高額な案件で仕事をさせてもらえるわけありません。

大事になってくるのが、仕事を依頼してもらえるような関係を構築するようにするべきなんですね。依頼者は人をいくらでも安い値段で雇うことができるので、ライターの気持ちは二の次なんですね。

あなたは、生活費をかけて毎月ブログ記事を書いているのではないでしょうか。不労所得=資産にならない記事を安い値段で提供するよりも、アフィリエイトやブログで優秀な記事を書き続けて収益化を図ったほうが圧倒的に儲かりますよ。

このことからも、自分で考えて行動し、商売=仕組みを上手く作り出して賢く立ち回る必要があります。儲からないビジネスを自分から進んで行うことはなくて、記事作成サイトや、自分の趣味を生かしたお金稼ぎは実現できますからね。ココナラを紹介しておきますね。

自分の得意を売り買いできるココナラ





シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)