このページから読んでみる?(´・ω・`)

土日はブログPVが少なく、平日にサイトアクセス数が急増する。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

実は、このブログ、土日にアクセスが極端に減少し、平日にアクセスが安定し、爆発するという、他のサイトより少し独特な集客を続けています。

なぜなら、ジャンル特化を意識しつつ、複数の人生経験に基づいた記事も追加しており、バランス型のサイト運営になっているからです。

つまり、ジャンル特化と雑記、両方のバランスタイプということが言えます。そんな中、あなたのブログやサイトでも、曜日によって、期間によって、アクセスの増減があるはずです。

その原因と理由、対策を考えます。



土日はアクセス数の母体が確実に減るということ

アクセス数の母体とは、基本、基盤のことを意味し、特定のリピーターユーザー層のことを言います。

つまり、固定読者が毎日平日に読んでくれている場合、土日であれば、母体ユーザーが減ることを意味するので、アクセスは極端に目減りします。

土日の場合、世間の皆さんは、旅行や出かける頻度がアップするので、インターネットに接続する行為も少なくなるので、

年中土日関係なく集客するということは、難しい課題と言えます。トレンドとジャンル特化のバランス型が一番効率的なのかと思いますね。

平日のユーザー層が多いことには良い傾向があり、土日ユーザー層よりも、ブログに関心がある顧客を獲得しやすいメリットがあります。

なぜなら、このブログで言えば、アフィリエイトや転職に関連する記事を作成しているので、トレンドなど土日に関係なくアクセスが望める手法ではなく、

平日のアクセスが多い媒体に意図的に施してあるんですね。

当然ながら、休日よりも、平日の方が1週間の中では多いので、

アクセスが集まりやすくなり、仕事やアフィリエイトで困っている=生活を根本的に見直すためにブログを閲覧するということを意味するので、

濃い読者を常に集め続けることができるわけですね。

また、土日のアクセスが逆に増幅するブログサイトも存在し、トレンド記事なんかは、芸能人やら、著名人がひとたび、問題を起こせば、

たちまちニュースや旬の話題に乗っかります。

その炎上商法を狙ったブログ運営もありますので、あなたが作成しているブログが平日にアクセスが多いのか、休日にアクセスが多いのかを調べることをお勧めします。



ブログ運営には確実なビジネス戦略が存在するということ

あなたが、ブログを新しく立ち上げた時、早い段階から読者を獲得するために、記事更新の頻度を上げたり、濃い情報量の記事を書くことで利益を確保しますよね。

そうなれば、時間がかかるわけですが、かけた時間に比例し、報酬が伸びる可能性は高くなることが想像できるはずです。

しかし、必ずしも上手く行くわけではありません。

極端に違うジャンルを両者組み合わせて集客していれば、獲得できるユーザー層に限界が生まれ、関心がある読者を惹きつけることができなくなるので、PV数が不足します。

当然、不足すれば報酬には繋がりませんよね。

こうならないようにするためには、確実な証拠(結果)に基づいて行動する必要性があります。例えば、アフィリエイトをしているあなたが、

平日か休日、どちらの曜日に時間を費やすことができるのかに左右され、無理やり時間を作ることはできても、生活の基本を変更することは難しいので、

この時点でブログ運営スタイルを決めなければいけません。

メンターの場合、平日に読者が多く、平日の夜中に記事を投稿することが多いわけですが、

その他にも、転職やアフィリエイト系の記事に絞っているのでピンポイントで特定の固定読者にアピールすることができ、2ヶ月で80PVに達成することができたわけですね。

当然、仕事やアルバイト、特に転職する方は慎重に計画を練ることが大前提なので、アクションは難しいですが、信用問題として、精神論の意見を発信したり、

時には、あなたのためになるネットビジネスの基本や、転職おすすめ情報などを網羅し、集客と報酬に繋げているわけですね。長期視点が大事だと、過去に私は何度も言ってきました。

それは、長期運営になればなるほど、最終的に利益が上げやすい仕組みを作り上げることができるからなんですね。転職とアフィリエイトは相性がよく、

アドセンス単価も非常に高い、そして、何より、仕事とアフィリエイトというジャンルは、需要が絶対に尽きません。

なので、私が命を終えるまで集客を続けてくれることになるんですね。

このように、アピールポイントと収益化の道筋を立ててあげると、サイト運営は途端に軌道に乗り始めます。サイト運営にはビジネス戦略があり、

マーケティングスキルなどが求められるのは必然です。



ジャンル特化型ブログといえど、目処が付いたら次のサイト作成に切り替えること

ブログがサイトが完全に軌道に乗り始めるのかを判断するポイントは、サイト・ブログを6ヶ間運営し続けて見えてくることです。

3ヶ月は、仕事で言う試用期間みたいなもので、3ヶ月100記事で試用期間を終え、

そこから、半年の運営を目指し、最終的に1年という長いスパンを得て、ブログ・サイトの運営状態を判断しましょう。

メンターがサイト作りに対して、ルールを設けていることがひとつあって、6ヶ月という期間を一旦ひとつのサイトブログに捧げるということなんですね。

6ヶ月経過すれば、改善点と次にどうするべきかのかを客観的に見積もることができるので、半年まで来たら、次のパワーブログの構築を図りましょう。

アフィリエイトで一つのブログやサイトに依存するのはキャッシュポイントが、会社員1本の生活と変わらなくなってしまうので、

少なくとも、6~10サイトを最終的に立ち上げて生涯資産として構築しましょう。ただし、全てホワイトハット戦略を推奨します。

また、考えを一つに絞りすぎてしまうことも良くありません。

自分の軸は持ちながらも、人の意見は素直に聞き入れて、直すべきところはきちんと直しましょう。要は、プライドと認める気持ちの両立という意味です。

あなたの第6感の中で、次のサイトへ移行を検討するのではなく、データを基に移行準備を始めてください。6ヶ月というスパンで、作り上げたブログを放置するのではなくて、

少しずつ記事とパワーブログを増やしていく感じでOKです。

ペラサイトは、資産になりません。パワーサイトは資産になり、生涯お金を運び、サイト強化もサイトデザインも思うがままです。

この時点で、有利な状況になるのは、記事追加型ジャンル特化サイトなわけですね。



あなたがアフィリエイトを始めて、6ヶ月後に取る行動は、初心者の頃に比べると、格段にレベルアップしている

人間は、同じ作業を何度も行うと、習慣付けることができます。

文字数が3000文字以上の文章を作成しようと思えば、毎日書き続けることで苦にならずに習慣化することができるので、もはやプライドも相まって書けるようになります。

正直、メンターは最近、3000文字程度では書き飽きてしまい、5000文字に移行しようかなと検討中な有様です笑。

あなたが、アフィリエイトブログを立ち上げ、6ヶ月後に起こしている行動は、少なくとも、初心者の頃に比べると、断然レベルが高くなっていることをお約束致します。

なぜなら、学習能力があり、嫌でも効率的に作業しようとするのが人間なので、少しずつで構いません。メンターと共にレベルアップを図っていきましょう。

また、3000文字~6000文字程度の文章量を常に書けるようであれば、アフィリエイトで結果を出せる確率はウンと上がりますので、

文章力も磨かれている頃でしょう。

長期視点が改めて大事なことだと理解してもらえたはずです。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)