このページから読んでみる?(´・ω・`)

検索順位を上げる(SEO対策)には、記事の加筆修正が効果的である。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

アフィリエイトブログを運営していく中で、意識しなければいけないこと、それは、自分が書いた記事が現在選んだキーワードでどの順位に位置しているのかということです。

通常、サイト立ち上げ初期段階はサイト内の情報が乏しくグーグルからも嫌われている状態です。また、ペラサイトの場合、情報を新たに追加することは難しいので、検索上位表示施策、SEO対策をほとんど施せないことを意味します。

記事積み上げ追加型ブログ・サイトの場合、とあるキーワードでどうしても検索上位を目指したい時、記事を追加したり、サイト構成を見直すことで上位表示を促すことができます。



SEO対策といっても、種類があり1番効果的な方法というは存在しない

不確定要素が多すぎるSEO対策、独自の問題それが、決定的な検索上位表示効果を説明することができない難しさがあります。個人や企業などの違いより施すSEO対策は違ってきますし、必ずしも強いサイトだから検索上位を取れるわけでもない、本当にグーグル検索エンジンのアルゴリズムは世界一優秀だと言われていますが、同時に宇宙一不確定要素が多すぎる検索エンジンだと言えます。

SEO対策の業者が一昔前まで、乱立していた時期もあり、グーグル検索エンジンアルゴリズムが、解明されつつありますが、それでも上位表示確定要素は中々見つけることはできません。大量のサイト作成など、研究を重ねて今日に至るわけですが、個人が施せるSEO対策には限界があり、お金を払えば検索上位を独占できる状態でもあるのが、2018年2月5日月曜日のグーグル社の現状です。

絶対的に効果がある方法も少なからずありますが、企業サイトに個人サイトが勝てるわけありませんし、それこそ、ヤフーニュースにSEO対策で勝つことなど無謀なことだと誰でも分かるはずです。ヤフージャパンは、グーグル独自の検索アルゴリズムを採用しているので、兄弟関係となり、そのヤフーをグーグルが不利にすることは考えづらく、むしろ、お互いに有利な立場を共用すると見ています。



個人レベル(アフィリエイター・ブロガー)が施せるSEO対策は以下の方法である

・検索上位表示を狙っているキーワードを記事タイトルの一番左側に配置する

・文字数をできる限り多くして情報量を充実させる

・読者が再度、訪問したくなるようなサイト構築にする

・SEO対策業者に検索順位を上げてもらう

・記事を日々積み重ね、時間経過と共に検索上位表示を狙う

・過去に書いた記事の加筆修正を頻繁に行う

上記の方法で記事を積み重ねていくことができれば、検索上位表示は自然と見えてくるはずなんですが、そこまで単純な問題ではない印象が強いです。メンターがSEO対策を意識して効果があると絶対に確信できる手法は、1記事あたりの文字数を増やすこと、そして、過去記事の記事修正が効果的でした。

というのも、ブログやサイト更新の定義は、記事を新規に追加する、過去に書いた記事の見直しと修正更新のことを意味するので、新しく記事を書かなくても、今まで書いてきた記事のタイトルや文章量を見直して増減させることで検索上位表示を図ることができます。



記事の加筆修正は特定の条件でなければSEO効果が薄い

気付いたので報告しますが、記事のタイトルを短く設定しクロールを意図的に促してグーグルロボットに更新のお知らせをし、再びキーワードで検索をかけると、それまで94位に位置していた記事が50位になったんですね。

メンターが記事加筆修正を行い、クロールしたら1分後に検索結果上位表示を実現していたんですね。これってつまり、記事を新規に追加するよりも、過去に書いた問題のある記事の見直しを行ったほうがSEO対策として効率がいいことになります。

もちろん、単純な問題ではないので、試しに実現した記事以外でも記事加筆修正を試みましたが、更新したタイミングや文字数増減の所為なのか、クロールを促しても検索結果が変化することはありませんでした。また、順位が下がるということもありませんでした。

このように、不確定要素が多いSEO対策で成功するには、実験してみるつもりでタイミングや時期を見計らって、計算しながらサイト運営し、記事を作成する必要があります。サイトがどの程度強くなってきたかによっても実験結果に大幅な違いが出ることも分かりました。

一番現実的なのは、記事をある程度の文字数を意識して書き続けることが一番のSEO対策であり、記事の加筆修正は、記事を更新してからしばらく日数が経過した後に再度行えば相乗効果で検索順位を上昇させることができます。必ず成功するとは限りませんが、少なくとも、何もしないよりは結果を期待できます。



ブログやアフィリエイト記事で100パーセントの完成度を目指すと失敗する

SEO対策を意識しすぎて記事を書くこともお勧めできません。意識しすぎたばかりに、記事が不自然になり、読者が不快感を覚える可能性があるからです。ブログやアフィリエイトはもっと自由に楽しんで作業するべきなんですね。

もちろん、収益化を期待する記事作成においては、その限りではありませんが、初めから10割のフルパワー状態で記事を作ったとしても大体、検索上位表示には、程遠い結果となります。そんなとき、記事の加筆修正を試みていき、継続的に記事を見張ることでSEO対策を長期的に施し最終的に上位表示されるという流れです。



グーグル検索エンジンの検索上位アルゴリズムの項目数が200種類以上の時点で不確定要素は確定していた

そもそも、グーグル担当者がSEO対策について、詳細を語ったことはこれまで一度もありません。ヒント的な要素を公式ページで公開してたりしますが、それでも決定的なアルゴリズムの仕組みを教えているわけではないんです。

どんなサイトが上位表示され、またどんなブログが圏外に飛ばされるのか理由は探し出すことはできないんですね。ロボットでありながらグーグル検索エンジンも完璧ではないので、全てのサイトを正しい順位で位置付けることは難しいのが現状です。

それこそ、スパムサイト除去のためにパンダアップデートやペンギンアップデートなどの対策処置が実施されましたが、未だにブラックハットSEOで多額の収益を上げているアフィリエイターもちらほらサイト報告で確認されています。

本来、グーグル検索エンジンの役割、言い換えるならグーグルが目指していることなんですが、それは、情報量が多い専門的なサイトを正しい順位で位置付けることなんですね。それなのに、被リンクや一時的上位表示を狙うというのは、グーグル検索エンジンから見れば悪影響でしかないわけですね。

でも、ブラック・グレー手法でもお金は稼げているのだから、それが正義だと言えば、話は終わってしまいますが、果たしてその方法でお金を稼いで楽しいのかとメンターは問いたいですね。ホワイトハットSEOこそがグーグルアルゴリズム変動で長く生き残る強いサイトになるので、将来の資産構築という意味でも是非、王道な正しいサイト運営であなたもサイト運営してくださいね。

ブラック手法でも上位表示が目指せるグーグル検索エンジンは完璧ではないですし、不確定要素の多さから見ても完全に信用することは危険だと判断できます。今まで、情報提供を行ってくれていたアフィリエイターさん達の経験則でホワイト手法を貫くやり方は決して間違っていないということを断言します。



最終的に長くサイト・ブログを運営してみなければ分からないことが山ほどある

不確定要素が多い中で実績を作るには、日々の日数経過が大きな指標となります。例えば、検索流入が増え始めるまでの時間と日数はどうしても必要です。また、必ず時間経過したからと言ってサイトが軌道に乗る保障もありません。

でも、長い期間の運営の中で必ず見えてくる情報や体験があるので、結果論としてアフィリエイトを行わなければならないということですね。初報酬という意味でも同じで今日作った記事が明日報酬を生み出すかもしれませんし、1年経過しても花咲かなかったりするレベルですからね。でも、削除してしまえば何も残らないので加筆修正を繰り返して、報酬発生の可能性を上げるわけですね。



サイトタイトルと異なる内容の記事を書いても全然問題はない、むしろグーグル検索エンジンからの評価は上がる傾向がある

トレンドサイトであれば、流行を追いかけることになるので、新鮮味が求められるアフィリエイト戦略になるわけですが、向き不向きがあり、即金ですが、持続して収益を生み出す媒体にはなりえません。専門サイトの場合、一度作り上げれば、そして、更新を続ければ続けただけ報酬が伸びる傾向があります。収益が安定しているという意味でも、ジャンル特化型サイトアフィリエイトの方が有利です。

ここで一つ疑問が生まれます。それが、サイトタイトルと全く異なる内容の記事を書いてグーグル検索エンジンは評価してくれるのかということです。これについては全く問題ありません。メンターが運営している現在のサイトキーワードはアフィリエイトですが、アフィリエイトというキーワードから異なった記事を長文で量産しても、記事順位が落ちることはなく、むしろ、サイト運営期間が長くなった分だけ上昇しています。

トレンドサイトについては、グーグル検索エンジンからペナルティーの対象になっているので、著しく文字数が短い記事やサイトは圏外旅行となります。そして、トレンド記事を積み重ねたサイトからいきなり、ジャンル特化型サイトへ移行すると、これもペナルティーを受ける可能性が高いです。ジャンル選定と、どのアフィリエイト手法で収益を上げていくのかを計画的に明確にしなければアフィリエイト作業は続けられません。



加筆修正を繰り返しながら、新規に記事を追加していくことで確実に成果は出るということ

タイミングや時期、サイトの運営暦とドメインの強さによって違いますが、正しいやり方でコツコツと作業を積み重ねていくことができれば、少なくとも、間違った方向へ進むことはないです。1つの方法を極限まで突き進めて行くことがアフィリエイトで成功を加速させる秘訣です。ズルをして楽をすることはできますが、長期的には長続きしないのでアフィリエイトのメリットを生かせないままなんですね。

それなら、多少、闇雲でも構わないので、自分がこれだと思えるサイト・ブログ運営方法で、記事という不労所得資産を生み出して毎日少しずつ成長していったほうが、あなたのためにもなりますし、難しいSEO対策を意識する必要はなくなります。

毎日継続させることは無理だとしても記事を書き続けることで必ず成果が出るのがアフィリエイトビジネスなので、ステップアップしていく形で、小さな成功を大きな成功に変えられるようになりましょうね。



記事を書くほどドメインパワーの上昇、サイトの評価が上がるので、次第に全体の記事が上位表示され始める

複合ロングテール、スモール検索需要、ミドル検索需要、そして、最終的なビックキーワードに到達するわけですが、見出しに記してある通り、心配は要りません。ドメインパワーが上がるにつれてサイト全体にたまっている記事それぞれが上位表示されるようになりますので。

なので、2ヶ月アクセスこないとか3ヶ月程度でアクセスが来ないとかで悩む必要はなく、記事を書いていくべきです。6ヶ月経つと、サイトが成功しているのか失敗していくのか大体見えてくるので、更に半年経過させるのか、新しいサイト作りに徹したほうがいいのかを判断しましょう。

検索流入があるということは、記事が上位表示され始めてきたなによりの証拠になるので、その間、どれだけ記事を文字数意識して書けるのかで勝敗は分かれてきます。自分のペースは守りながらも、実験を交え、加筆修正を繰り返し、次第に読者を満足させることができる記事を書けるようになるものです。

だからこそ、アフィリエイトは難しいと言われているんですね。たとえ、検索上位表示を達成できても、文章の質が検索結果1位として伴っていなければ読者は離れていくだけですからね。記事を書き続けて日々の結果を楽しみましょう。アフィリエイトで成功している人たちは心の底ではアフィリエイトに感謝して、楽しく作業しているものですよ。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)