このページから読んでみる?(´・ω・`)

ユーチューバーになる?(YOU TUBER・アフィリエイター)がお金を稼ぐ方法。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

世間で今、騒がれているユーチューバーという職業について今回お話します。あなたがこの記事を見て疑問に感じること、それは、ユーチューブという媒体がお金を稼ぐことができるのかですよね。

一つ言えることは、ブログサイトと同じで、続けたら続けただけユーチューブでもお金を稼ぐことができます。何事も継続が大事です。アフィリエイトに限らず、

全てのネットビジネスにおいては続けることでしか、成果を出すことはできないので、短期間で収益を考えている人には向いていません。

逆に動画自体に興味があり、YOUTUBEをよく利用している人ならば、動画サイトについての基本について理解できているはずなので、今回は、最低限の知識を知っていることを前提とした記事を進めていきたいと思います。



ぶっちゃけ、ユーチューバーって稼げるの!?

お金を儲けをユーチューバーで再現することになりますが、正直言って、ユーチューブでお金を稼ぐことは間単にはできません。というのは、今現在、広告収入を得るためには、

グーグルの傘下であるYOUTUBEでグーグルアカウントを、グーグルから取得しなければなりません。グーグルアカウントは2種類あり、ひとつは、

グーグルアドセンス公式サイトから取得していく方法です。つまり、ブログやサイトを運営し、記事数を集めた媒体をグーグルに提出して、

グーグルアカウントを有効にする方法です。もう一つは、ユーチューブでグーグルアカウントを直接取得する方法ですが、どちらかといえば、安定を求めてグーグルアドセンス公式サイトへ行き、

ブログやサイトを提出した方法のほうが安定感があります。そして、グーグルアドセンスアカウントを取得したら、次の難関は、動画の再生数を増やす努力をしなければなりません。

再生数が増えれば増えただけ有利になり、またチャンネル登録数も増えるので、人気商売になりつつあるジャンルになります。

人気があれば、ヒカキンさんやハジメ社長さんと同様に、月収100万円以上稼ぐことも容易ですが、底辺ユーチューバーであれば、その月収は悲惨なものになります。

ユーチューブで動画広告収入を稼ぐためには、最低でも再生数10000再生を突破しなければ、纏ったお金稼ぎにはなりません。

そして、チャンネル登録者数も、2018年1月現在で一つのチャンネルに対して、チャンネル登録数1000人を超えなければなりません。

1000人の登録者数を超えてからアドセンス広告を動画に、貼り付けるように値するかの審査をユーチューブが行います。そして、合格すれば動画に対して広告が載せられることになり、

収益化が可能になります。正直に言ってしまうと、ユーチューバーを目指すぐらいなら、ブログやサイトを立ち上げて新たにアフィリエイトやアドセンス収益を、

コンスタントに狙っていったほうが効率がいいと私は思います。なぜなら、ユーチューブの動画は作成に相当な労力がかかるからです。

また、パソコン自体も動画作成に耐えるだけの性能(パソコンスペック)が必要になり、ゲーミングパソコンに近いレベルのパソコンが要求されます。

値段で言うと、10万~20万程度のパソコンを用意する必要があります。それなら、アフィリエイトを始めて少ない初期投資で、文字を書くだけの仕事をしたほうが労力的にも楽ですし、効率的だといえます。



当然ですが、人気になれば莫大なお金を稼げるということ

どんなビジネスでもそうですが、信用され人気が出ることで初めてお金を稼ぐことができます。人気があれば、固定読者や固定視聴者が増えることを、意味するのでファンが生まれます。

ファンができるということは、コメントや反応を示してくれる人も、増えるということなので、ある商品を紹介したりすれば、成約率は一気に高まってきます。

もし、ユーチューブで成功できたとしたら、ブログやサイトを用いて再びアクセスを集める方法も取れるわけなので、可能性が色々な意味で広がります。

ユーチューブは、基本的にSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)に、優れているので、被リンク対策として自分のサイトや、ブログを掲載しておくことは有効な手です。

逆に言えば、人気になることができなければ、知名度がなければ絶対にお金を稼ぐことはできません。ユーチューバーを始めるための初期投資は30万程度必要ということになります。

差別化を図るとすれば初期投資と動画編集、そして、個人の魅力的要素ということになります。

動画作成と動画編集に力を入れて高画質撮影を徹底しなければ、他のユーチューバーに埋もれます。大抵、他のユーチューバーも資金を投入している可能性が高いので、狭き門であることは覚悟してください。

ブログアフィリエイトは、初期投資4000円から始めることができるネットビジネスなので、文才など必要ないマイペースビジネスを展開できます。



では、どうすればユーチューブでお金を稼ぐことができるのか!?

ユーチューブでお金を稼ぐための方法としては、以下の3つになります。

1. 有名になる方法(才能・魅力があると自分で断言できる人向け)

2. 需要ある動画を作り続ける方法(根気があれば稼げると思っている人向け)

3. 諦めないで成功する方法(凡人・才能ない人向け)

上記の3つの要素があなたにひとつでもあればお金を稼ぐことができます。勿論、3つの要素が全てあれば高確率で巨額のお金を稼ぐことができる、

可能性がありますが、世の中の全ての人が大体、普通の人なので焦る必要はありません。ということは、一番重要な要素は、必然的に諦めない方法が肝心になるわけです。

諦めないって根気の問題なので、凡人だと思っているあなたにもできることですし、ユーチューブはお金を稼ぎやすい動画のジャンルが決まっていますが、

そうだとしても、あなただけにしか作れない動画がありますよね。それが、自分のアップロードした動画ですよね。動画編集を積み重ねていけば、動画自体のクオリティを上げることも、努力次第で可能ですよね。



ユーチューバー(YOUTUBER)の厳しい現実を、この際知っておこう。

ユーチューバーは、残念ながらほとんどの確率で成功することはできません。というのは、大手のユーチューバーで月収800万円レベルです。

そして、月収1000万程度の人は更に少なくなり、年収で言うと1億円相当になります。その領域まで到達できる人は多くなく、ほとんどの人は動画再生数1000未満であることが現状なんです。

そして、ユーチューブの広告収入1再生あたり、約0.1円です。もちろん、広告収入なので、人気が出れば、企業が広告費(宣伝費)として、お金を人気ユーチューバーに投資することになるので、

広告収入1再生あたりのお金は、0.1から0.5に引き上がることもあります。夢がありますよね。外見では。しかし、殆どの底辺ユーチューバーと呼ばれている人は、

月額で1万円も稼ぐことはできていません。更に言うと、100万再生で約10万円稼ぐことができます。でも、素人で無名の一般人が100万再生数をコンスタント(定期的)に、

稼ぐことができるのかというお話です。恐らく、無理でしょう。差別化を図るためには高画質でより、面白いコンテンツ動画を作る必要があるんです。

それができないのであれば、ユーチューバーは諦めたほうがいいでしょう。動画クリエイターとして生きていくことは簡単なことではありません。肝に銘じておきましょう。



如何に効率よく、需要があるコンテンツを短時間で作れるかどうか

時間がかかりすぎてはいけないんです。チャンスを掴むためにもどうすれば短時間で良いコンテンツを作れるか、どうかにかかっているんですね。

ブログアフィリエイトビジネスでも言えることなんですが、需要がある、みんなが知らない情報や動画を投稿することで、高評価を得ることができるのが必然であり、当然なことです。

あなたが、ユーチューバーとして活躍し、お金を稼ぐためには、人がしていないことを新規開拓する必要があることを断言しておきます。

ビジネスはなんでもそうですが、最初に始めた人が勝てる仕組みになっており、イス取りゲームで言えば先にイスを取得すれば、イイ贅沢ができることを意味しています。

ヒカキンさんなどがユーチューブを開拓したといっても過言ではないですからね。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)