このページから読んでみる?(´・ω・`)

アフィリエイトで成功するために(DRM)ダイレクト・レスポンス・マーケティングを学ぶ必要はあるのか。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです!!

今回は、アフィリエイトにおけるDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)マーケティングについてお話します。マーケティングと聞くと、あなたは難しく感じてしまうと思いますが、実はそんなことありません。



そもそも、マーケティングとは何なのか?

アフィリエイトにおけるマーケティングの意味は、顧客をサイトに呼び込み、商品の良さを伝えるところから話は始まります。アフィリエイターは言い換えると、商品紹介者であり、商品の持つ魅力を最大限読者に伝えるお仕事です。

よく、コピーライティングや人の心を動かす心理学についてお話があると思いますが、本や雑誌、ネットでもよく公開されていますよね。商品を売るにはテクニックがあり、サイト構成なども、マーケティングに含まれています。

マーケティングは、ターゲットとなるユーザーに商品の良さを最大限伝えて、商品ページまで誘導するということを意味します。広告主がすることは、セールスと呼ばれ、マーケティングとはまたちがう戦略で顧客の安定を図ります。



売れる商品を見極めるには!?

アフィリエイトで商品ページを作る、サイト・ブログを運営するほかにも大事なことがあります。それが、売れる商品を選定するスキルです。

これについては、経験がモノを言いますが、少なくとも、無名な商品、つまり有名ではない商品は売れにくいです。当たり前ですよね。知らない商品を読者は欲しがらないし、リアルビジネスでも同じことが言えます。

有名でなおかつ、無料登録や求人サイトに繋がるお金がかからないアフィリエイト商品が初心者アフィリエイターには向いていると言えます。

なぜなら、サイフの紐は緩まないことが多いからです。読者を説得させるには説得させるだけの力量があり、情報量が多いサイトでしか無理ですので、記事数が最低でも、ミドルサイトで50記事程度なければ、高額な成約を結びつけることはできません。

また、成約を結ばせるということは、信用問題でもあるので、例えば、ブログやサイトを運営し始めてからすぐに報酬が発生することもありません。時間が必要であり、結果が出るまでに相当な期間を要します。



DRM=ダイレクト・レスポンス・マーケティングの重要性

アフィリエイトで商品を売れるようにするためには、読者からの信用を勝ち取る他はないでしょう。よく、友人のような信頼関係を結べば、成約が取れると聞きますが、その通りです。

読者に生活の知恵や役に立つ雑学などを提供してあげることができれば、日が経つにつれ、信用が高まってきます。その時に、「 この商品 おすすめですよ!! 」と伝えれば購入してくれる可能性も上がります。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングは重要で、主にメルマガ戦略に使われていることが多いです。メルマガは、読者がメールアドレスをサイトに登録し、そのサイト運営者が日々、読者の信用を得るために有益な情報をメールで読者に発信し、信用を勝ち取る方法です。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)とは、複数に渡り、読者や顧客との接触を図り、心理学に基づいて共感や好感を得ていくビジネススキルのひとつです。

あなたにもこんな経験ありませんか?初対面の人と出会い、何回が会う度に信頼度が増していくような経験が。そうなんです。DRMはアフィリエイトでお金を稼ぐために必要なスキルです。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。アフィリエイトで本格的に稼いでいきたいなら、自分のビジネススキルやノウハウのレベルアップを図る必要があります。

ネット検索だけでも有益な情報は最低限手に入れることができますが、読者がどのように行動するのかを研究し、心理学なども学ぶことでより成約を発生させやすくすることができますので、勉強してみましょう。

サイトのデザインや、投資する機会は、いつのタイミングでも作ることができるので、お金をかけすぎないように意識しましょう。基本が身に付いていなければ、上手く行かないんですね。

メンターでした。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)