このページから読んでみる?(´・ω・`)

アフィリエイトの、サイト・ブログ評価基準は!?

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです!!

アフィリエイトでサイトやブログを作ってから、どの程度の期間でグーグル検索エンジンから認めてもらえるようになるのかを今回で検証できるようになったのでお知らせします。

前に作ったサイトからも検証はできたのですが、正確なデータを取ることができなかったので、今回のアフィリエイト初心者へ届け!!(アフィリエイト旅行記)で実験的メモを作成します。



サイト・ブログ立ち上げから約1ヶ月はアクセス0だった

ブロガーなどのテーマとしてよく取り上げられている定番ネタでもある、このアクセスはいつになったら増えるのか問題ですが、

メンターが作ったこのサイトで言うと、アクセスが増えるまでに、約2ヶ月、そして、安定するまでに、もう、1週間程度かかりました。

もちろん、毎日の記事更新はなるべく徹底し、グーグルにアピールを促したり、戦略的アフィリエイト手法を用いてサイト運営を進め、2ヶ月といえど、ルールに則った運営方法になりました。

そして、どんなに頑張ったとしても、最初の1ヶ月目のアクセスは、SNS流入やPPC流入を狙わない限り、無理だということも分かりました。

それなりに、メンターはSEO対策を勉強しており、事が有利に運ぶように手を打ってきましたが、それでも、1ヶ月から約、1ヶ月半の間はアクセスが増える、アクセスが来ないという現状は避けて通れませんでした。



2ヶ月目のサイト運営で成果が出始める

サイト運営開始から2ヶ月程度経過すると、検索エンジン流入が一気に増え始めます。3ヶ月は必要ないって感じですね。

元々、早い時期に100記事へ到達してしまったのも原因だとは思いますが、明らかに、2ヶ月経過した後の方が全てのアクセス数において上回ったことは確実です。

2ヶ月程度、記事更新を毎日1000文字程度のオリジナル記事で執筆すれば100記事に到達しない場合でも、検索流入が見込める可能性が高いです。

もちろん、100記事に早い段階で達成すると、アフィリエイトにおけるやる気メーターが衰えることがなくなるので、モチベーション維持にも貢献します。

継続が容易になったサイト運営ほど、楽しくなることは間違いありません。seo対策とは記事更新のことを言います。



要するに、3ヶ月という期間で毎日記事更新を1本ずつ行っていき、合計100記事以上にしていったほうが、効果的。

1日で100記事公開するとどうなるのかは他のサイトで証明されていることですが、短期的であれば大きな収益を上げることができるようです。

効率的な部分を考えると、アホらしいですが。記事公開しないなんて自爆行為ですからね。



アクセスが増えた一番の要因

アクセス数が飛躍的に向上したのは、2ヶ月目で、記事が低品質記事だろうが、高品質記事だろうが、更新頻度を高めたのが決め手でしょう。

グーグル検索エンジン自体が更新頻度をチェック、クローラー流入で促しているところを見ると、常に新鮮な情報を探しており、ホワイトハットseo目的で運営しているサイトが一番強いといえます。

結局、記事の更新頻度を高めて、あなたなりの高品質を目指して記事を書くことが究極のseo対策になります。グーグルは、コンテンツの品質を最重要視している傾向がありますが、それでも、記事更新頻度を一番の理由にしていることは決定的です。

なぜなら、メンターの各種記事も、高品質とは呼べない記事がいくつかあり、自覚しているものがあります。更新頻度だけは日々、高めており、新鮮な情報を読者に提示していました。

これからもそのつもりです。

インデックス登録されて、検索結果に表示されているということは、グーグルからみた私の記事は、低品質ではない、もしくは、最低限の記事のクオリティーを保っていると思われている証拠です。

今現在で110記事目なわけですが、110記事すべてグーグル検索エンジンが認めてくれたところを見ると、サイト・ブログの試用期間が終わり、正当にサイト評価を行ってくれるようになったということです。



そもそも、低品質コンテンツなんて存在しない

ブログやサイトを立ち上げてから、アフィリエイトで収益を目指す人が懸念すること、それが、日々の記事更新の中での葛藤ですよね。

低品質な記事を量産してしまったらどうしようとか、駄作じゃ記事を公開しても意味がないんじゃないかとかそういう理由です。

はっきり申し上げて、低品質記事なんかを決定するのはあなたではありません。グーグルと検索ユーザーです。

とくに、グーグルは、規定の範囲内で記事を書けばほぼ間違いなくインデックスしてくれるので、パクリ記事とかリライト記事、ワードサラダ記事でなければ評価してくれます。

問題は、検索ユーザーから役に立つ、面白い、シェアしたいと思われる記事かそうでないかということですが、これについても、初心者アフィリエイターが考える必要と心配はありません。

露出度増加が最優先なので、少なくとも、50記事達成するまでは、諦めないで記事更新し続けることが大事です。50記事達成できると、これの繰り返しを1回行えばいいので反復練習と思えば記事量産はある意味楽勝です。

低品質コンテンツかを決めるのはあくまであなたではなく、グーグル検索エンジンと検索ユーザー、そして、インターネットの世界には、少なからず低品質な記事にさえ熱狂的ファンが付きますので、無駄になることはまずありません。

こう考えると、アフィリエイトで努力してきた全てのことは決して無駄になることはなく、むしろ成長と検証の宝庫にすることもできます。



文字数なんか気にしないで書きたいことを書けばいい

アフィリエイトでも、人に媚びる必要なんて全くありません。

人間という生き物なので、最低限のモラルは守らないといけませんが、意見が違うことはもはや当たり前なので、あなたなりの意見を貫いてサイト作りすればいいんです。

特にブログであれば、自由に何を書いてもOKなんですから、人の目を気にしないで情報発信を行いましょう。

文字数なんか気にしていると、ぎこちない文章にどうしてもなってしまうので、自然な文章で手間を少しだけ加える勢いで書いていけば結果は期待できます。

seo対策は、文字数だけではありません。重要ではありますが、最重要ではありません。グーグルは新鮮な情報を求めているので、更新頻度が高いサイトが最終的に生き残ります。

考えてみてください。一つの価値あるコンテンツを作っても、時代が過ぎてくれば古くなる。

一方で、常に更新しているサイトは、情報は、あなたが生きている、更新している間は常に新鮮なままです。更新頻度が高いサイトは、信用されアクセス数向上などいいこと尽くめです。文章作成能力も上がりますし、一石二鳥です。



今回のまとめ

あなたがサイト作りにおける一番重要視する部分は、更新頻度です。いや、継続することが一番のSEO対策になります。どんな優れた価値ある1ページ大型コンテンツだろうと、1年経過すれば不労所得を維持できなくなります。

だからこそ、外注に頼んだり、定期記事更新を促して、グーグルと仲良くならなければいけないわけですからね。

更新頻度が高い=継続していくことを意味するので、最後に勝つのは、続けた人だけという結論に至ります。そして、アフィリエイトで成果が出るには、最低でも3ヶ月は必要だということをあなたも理解できたと思います。

これが、半年になったら、ますます、面白いことになってきそうな感じはしますね。少しでも、参考になれば幸いです。このように、サイト評価には明確な基準があり、クリアすれば大した問題ではなくなります。

アフィリエイトのメンターでした。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)