一緒に読んでみる?(*´꒳`*)!!

20歳男性社会人のパワハラ(パワーハラスメント)自殺問題について苦言と意見を呈する。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。

20歳職場男性が、社会人になったばかりの直後、理不尽ともいえる仕打ちをされましたね。職場に馴染めないながらも、必死になって努力し、上司の顔色を銀行員のように伺いながら、最終的に命を絶ってしまいました。

自殺問題って、正直、簡単な問題じゃないと思うんですよ。だって、一人の命が消えて存在しなくなることと同義ですからね。メンターは直接関係ありませんが、憤りというものを深く感じました。

そして、仕事場だからといって、全ての行き過ぎた行動が許されるのかといえば違うじゃないですか。おかしいことだと思うんです。ましてや、職場の優位性を利用した犯行ということになれば、絶対に制裁されるべきだと私は考えています。

パワーハラスメント(パワハラ)の定義について

職場だから、上司の言うことが全部正しいなんて幻想。自分の意見をぶつけて衝突しなければならない時もある。

自分の身の保身は大切です。仕事場であれば、自分が、あなたが、食べていける状態を実現するためにみんな、それぞれが、働くワケですよね。職種は違えど、できることを一生懸命こなし生活していくわけです。

よくあるんですよね。みんなが同じ行動してるから、口を揃えて発言しているから自分も認知的不協和に則り、行動を合わせてしまうことが。メンターの場合、ダメだと思ったら上司にも半沢直樹バリの文句を言います。

過去に、職場でも騒動が起こった時もありました。しかし、私は微塵も後悔していません。なぜなら、自分が生きている選択において、衝突しながらも、正しい判断を下せたと納得できたからです。職場の地位なんていうモノは、オエライさんが、利用しているに過ぎません。

当時メンターは、アルバイト・パートという立場で働いていたので、企業体質だからとか、職場のみんながこういう風に言ってるからとか、関係ありませんからって言ってしまったんですね。でも、明らかに職場の人間達がおかしかったので、文句を言って自分自身が結局クビになりました。

社会とはそういうものです。みんなと違う人間は除外されるんです。でも、今回の件は違います。善良な一般優秀社会人の20歳男性が自分の命を落とす選択をしたんです。内心、どれほど辛かったのか、あなたは理解できますか?

メンターなんかは、今、ブログで生計を立てていますが、ネットですら、パワハラに近いものはあります。誹謗中傷がいい例ですよね。リアルな現実世界でも、やっていいこと、悪いことの区別(分別=フンベツ)があるはずです。

どんな雇用状態だとしても、パワハラが起こり得る状況の中で、弱い立場の人間を潰すサイコパスに近い存在を許すわけにはいかないですよね。ましてや、自分の息子、娘を殺された相手を憎まないワケないですよね。

ぶつかることは当たり前です。自分の意見を主張する。クビになっても、あなたの人生価値は貴方が決めることです。職場の上司に怖がってたら、あなたの人生損しますよ。貴方自身をもっと大切にしてあげてください。

他人と違ってもいいじゃないですか?それがあなたなんだから。少なくとも、メンターは異彩を放っている人間なので、あなたの気持ち理解できますよ。

(´・ω・`)ウン

パワーハラスメント(パワハラ)問題が、今回浮き彫りになり本当の意味でProblem(プロブレム=問題)無視できなくなった。

ヤフーニュース各種が大きく報じてくれたことによって、今回のパワハラ問題は完全に表沙汰に発展しました。亡くなった男性のご家族には大変失礼かもしれませんが、言わせてください。

あなたの息子さんの犠牲で、救われる命があるということ。

本当に失礼ですが、許して下さい。文章力がないのでオブラートには包めないんです。

息子さんが亡くなったのは、同じ気持ち、憤りを私も感じております。そして、パワハラや、過労死問題が一刻も早くなくなることを願っています。生きていくために仕事をするのに、仕事するために死ぬなんて、本末転倒です。あり得ないです。

生まれてから、楽しいことや幸せになるために生まれてきた、人間の使命を無視して言いワケありませんよね。あなたも、そう思っているはずです。楽しくなりたいですよね。

なぜ、私が、パワハラの記事を書いたのか、それは、拡散目的と、仕事に対する日々の不満をみんなの役に立てる形で実現したかったからです。何回も言いますが、私は綺麗ごとが大嫌いです。残酷な現実から目を背けることは嫌いです。

伝えなければならない時には、使える手段を全て使い相手に理解させようとします。でも、私の生きている意味、使命感はそこにあると思っています。個人の持論なんて役に立たないかもしれないけれど、発信しないよりはマシだと考え、ブログの長期化が予測される中でパワハラ問題解決に有利な展開を期待できると踏み、記事作成に至りました。

伝えることは、汚い、上品な伝え方では無理なんです。ひどい残酷な場面を見せ付けて価値観を強制的に与える。口で分からない人には、行動で示す他ありません。

過労死問題、パワハラ問題、全ては、仕事を遂行していくためには仕方ない犠牲だ?冗談じゃないよ。お前が一回死んでみろ。

死んだことない人間が死んだ人間を哀れみ、悲しむことは偽善者でしょうか。パワハラ問題が大問題となり、過労死問題についても、過去に何度か、言及されていますよね。

たった少しでさえ、死んだ人、亡くなったご家族の皆さんの気持ちを考えてあげることができないようであれば、私自身は人間失格だと考えています。思いやりというのでしょうか。

私には関係ない、俺には関係ないからっていうならば、あなたが一回死んでください。そうすれば、少しは気持ちが理解できるでしょう。なにもしてこなかった人間が理想を追い求めるだけなんてカッコ悪すぎますよ。あなたですよ?あなた。

死んでくださいは言い過ぎですが、実際にパワハラで息子を亡くした親御さんは、もっと辛い心境ですよね当事者なんですから。少しでいいので、メディアに取り上げられている悲しいニュースにも感情移入してください。あなたの解釈でいいので。

死ねっていい言葉じゃないですよね。人間に付き物で切り離せない死という概念と実際の境地。死を意識すると、他の人間に思いやりを持てるようになるかもしれません。本当に言いたいことだけを言ってきましたが、私がなぜ、今回この書き方をしたのか。

答えは、20歳男性社会人理不尽パワハラという響きが心に刺さったからです。同情し、意見を言いたくなりました。熱くなってしまいました。ブログ内で死ねなんて使いたくありませんでしたが、許して下さい。

人間が、物事を行うときに大切にすることがあります。行動が起こるきっかけです。あなたは、優しい人には優しい気持ちで接してあげようとしますよね。逆に顔が怖い人には自分の顔が強張るはずです。人間は心あっての人間なんです。感情がある生き物です。

今回の報道でパワハラについての理解と解決躍進に向け、重い腰が上がることを願っています。無論、メンターもこの記事を作成後拡散しますので、少しでも、私自身の言葉で読者さんを勇気付けることができればなと思います。

俺ってもしかしたら、、、素直なのかもしれない。でも、言いたいことは言うし、生きる意味をいつでも探し求めてる。楽しい、ムカツク、悲しい気持ち。それが人間の醍醐味だよ。どうせ、生きるなら、格好は付けない。

だろ、相棒。

シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)

トップへ戻る