一緒に読んでみる?(*´꒳`*)!!

教育格差とは?日本の貧困対策(解決策=経済格差)の急務実現と、将来への見通しを立てる必要がある。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。

教育格差が生み出す懸念は、経済格差=給料幅の上下=富裕層、中流層、貧困層の誕生に他なりません。同じ人間は誰一人としていないわけなので、能力自体もバラバラです。同じ仕事内容で仕事をしても、早く仕事ができる人がいる一方で、作業が遅く効率が悪い人もいます。

でも、人間なので、仕方ないと思うんですよね。自分の性格と上手く照らし合わせていけば、好きな仕事は見つかるし、人生ってそんなに、甘いわけではないけれど、厳しいわけでもないということなんです。過労死や、長時間労働については、非常に吟味する必要があるなと私も懸念しているところではありますが、今を生きることを大切にしてほしいと思いますね。



教育格差が生み出すモノは、我々の想像以上に人生を狂わせるポテンシャル(可能性)を秘めている。

教育格差とは、一言で言えば、幼い頃にどれだけ良い環境で勉強できていたのかという指標の違いみたいなものです。早い話が、家庭環境レベルが1からレベル100まで存在すると仮定した場合、このレベル差が教育格差=後の経済格差に繋がってしまうわけですね。

個人の能力が違うことは当たり前ですし、世の中の人が全員同じ能力を有していたら経済は回りませんし、極端な話、同じ思考回路ということになるので、ロボットでない限り、個人の自由権の尊重と、相性=個性というモノがぶつかり合う状態になるので、世の中は上手く連動しているわけですね。

例を出すとするならば、物流業界の人手不足が深刻で、ヤマト運輸も、頭を悩ませてる問題ですが、この人手不足という問題自体は、個性というモノが大前提として生み出している問題だということなんです。辛い仕事をしたくない、重たい荷物を毎日運びたくない人が大多数なので、嫌いな仕事を避けるのは当然ですよね。

お世辞にも、給料水準が高いとは言えない、特に、ブラック・グレー企業は、給与が低いです。なので、人手不足は納得だと言えます。リアルな物流業界の全体を描いたドキュメンタリー番組を放送されていましたが、まさに大変な仕事であり、3Kのレベルですよ。

今回テーマとしている教育格差とは直接関係ないかもしれないですが、深い関わりがあることは事実です。ネット普及により、ユーザー=一般労働に従事する労働者も賢くなってきているので、大変な仕事に、人手が足りなくなることは、もはや、当たり前だと言えます。

その中でも、教育格差というのは、ある意味でひとつの光なんですね。能力が低い人間が安月給や低賃金のアルバイトでしか雇用されないのは至極当然のことであり、高いお金と給料=高待遇を望むのであれば、資格を取得したり、技術職などでポイントを稼ぐしかないわけですからね。教育格差と経済格差は、繋がりが大きく、複雑です。

でも、教育格差の影響で、能力の低い人達、何かしらの理由で、普通に働くことができなくなった人材が、劣悪な労働条件で雇用されるのも納得はいきません。法律で改めてほしい問題だと感じています。日本は、働かない自由を追い求めた職探し=フリーランスに移り変わる準備を、日々、着実に歩んでいます。



教育格差=生まれた場所が悪いから自己嫌悪に陥るのではなく、自力で這い上がろうとする覚悟が必須である。

ブラック企業の信仰的意味合いを除き、人生を切り開くには自分の手で変える必要があるんですね。誰でもあなたに人生、良い方向で変わってほしいなんて願っていませんし、むしろ、世の中厳しいので、他人行儀である場合が常です。

でも、教育格差だとか、経済格差だとかの問題は、私個人の意見になってしまいますが、最終的には、どうでも良いことだと思うんですよ。今の人生を選んでいるのは間違いなくあなたで、金銭的には苦労を強いられているけれど、幸せなら、教育格差問題などに固執する必要性がありませんし、考えることはないはずです。

一部の人間がネガティブ思考に賛同してもらいたいから、大々的にニュースとして取り上げ、騒いでいるに過ぎない可能性も考慮し、深くは発言しませんが、生まれた劣悪な環境から這い上げることが人生の醍醐味ですよね。みんな、辛いし、我慢してるんですね。あなただけではないんですよね。経済格差だってそうですし、暴力や家庭環境悪化、離婚問題、仮面夫婦なんていう亀裂問題なんて腐るほどありますからね。

ホリエモンさんが、子供の命を預かる仕事なんて誰にでもできると、ツイッター上で発言し、物議を醸し出していますが、賃金の一喜一憂で仕事を選んでほしくないなと思います。子供が好きで、低賃金な仕事を選び無理をしているのだから、本望だと思うんですよね。

給料の良い仕事は、世の中いくらでもありますし、年齢を重ねた人だからこそ、人生の選択枠は多いわけで、いくらでも仕事は見つけることができますよね。保育士の仕事資格を有して、給料が少ないと嘆くのなら、エリートの道に歩めば良いだけですしね。

ホリエモンさんの意見に全て賛同できるわけではありませんが、仕事を選んでいるのは間違いなく、労働者であり、納得した雇用条件で働いているはずです。それで、文句言うのはお門違いだし、筋が通っていないと思います。人生は、波乱万丈なんですよ。誰だってね。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)

トップへ戻る