一緒に読んでみる?(*´꒳`*)!!

国の指定難病とは?通常の病気とは違い治療困難なのかを考察する。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。

通常の病気と、国の指定難病の違いは何でしょうか。有名人の坂口憲二さんも、難病指定されている「 特発性大腿骨頭壊死症 」とくはつせい・だいたいこっとう・えししょう= Idiopathic Osteonecrosis of Femoral Head:ION)という難病を発病してしまいました。これに対して世間の意見は皆同じで、心配の声が寄せられています。

特発性大腿骨頭壊死症=wikipedia

特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこっとうえししょう、Idiopathic Osteonecrosis of Femoral Head:ION)は股関節の病気のひとつで、大腿骨の上端の大腿骨頭の骨組織が壊死し、関節が変形・破壊する病気であり、このうち原因がはっきりしないものをいう。厚生労働省の特定疾患に指定されている。医療費の患者自己負担分について公的な助成(公費負担医療)を受けることができる。

wikipedia引用

そして、メンター自身も、不安を煽りながら心配して今回の記事を作成することを決めました。国の指定難病に指定されているからには、通常の治療法では完治させることは困難を極め、レベルが高い治療を通して長期間の治療期間を必要とされます。

そして、今回の指定難病を発病した坂口憲二さんも、無期限の活動休止ということで私自身も非常に驚いているというのが、正直な感想です。今回のテーマとしては、もし、あなた自身が、国の指定難病に陥った時、どのように解決していけばよいのかを提案させて頂きます。

スポンサードリンク



国の指定難病への理解を深め、正しく立ち回ることが人生を長生きするコツである。

国の指定難病は、簡単に治すことはできないことが明らかとなったわけですが、普段の生活の中で機能障害が生じることが一番の懸念ですよね。機能障害とは、階段の昇り降り、そして、立ち座りの動作が快適に行えなくなるレベルです。

つまり、人間が人間として生きていくことが難しくなる恐怖の病です。幸い、公費負担医療(こうひふたんいりょう,Publicly funded health care)という国が管理する医療サービスが世の中に存在し、利用すれば、全額の医療費の負担、半額以上の負担を得ることができ、医療制度として確立されている。

ということは、有名人、一般人問わず、難病で倒れた時は、利用することができるので、早期解決と安定を望むのあれば絶対に利用するべき制度です。wikipedia及び、専門サイトで詳しい詳細を知っておきましょう。そして、難病についての理解は今回である程度深めておくべきです。

公費負担医療=wikipedia

公費負担医療(こうひふたんいりょう,Publicly funded health care)とは、医療費の全額もしくは大部分を公的管理された基金が負担する医療制度。

wikipedia引用

人間の病気は、いつかかるのか、誰がどのタイミングでかかるのか予測することはできないので、あなたが、気を付けているから安全と過信しても、重大な病を負っている可能性は十分にあり得ます。代表的なのは、大腸がん、緑内障などなんですが、すべて、人間の私生活に支障を与えてしまうような怖い病気なので、注意しましょう。そして、緑内障と白内障は、全然違う病気だということも覚えておきましょう。

私のオススメとしては、定期的に検診を受けたり、少しでも、1パーセントでもおかしいなとか、自分の、心、身体に異常があると思った場合、勘が大体当たっている証拠なので、速やかに病院への治療を依頼しましょう。病気は、早期治療・解決が最も重要な要素です。

スポンサードリンク



決して強がってはいけない。自分自身が病気になって初めて本当の痛み(ペイン)を理解することができる。

普段、人のことなんて、どうでもいいよなんて思っていると、将来的に、不幸が訪れるかもしれませんよ。今、健康的でも、今後、特に、40歳を迎えてから著しく、生活習慣病や、緑内障=眼精疲労にかかりやすくなるので、甘く見てはいけません。

記憶力自体も、年を重ねる毎に衰えを見せ始め、70歳を迎えたとき、何かしらの病気を疑ってもいいでしょう。定期健診は、何回も注意深く受診しなければ、医師も、患者の実態を把握することは困難なので、あなた自身が、決して他人のことを他人行儀だとは思わずに、アンテナを通しておくべきです。

そういえば、若い男女3人組が交通事故で高さ40メートルから落下したとニュース速報として報じられていましたが、まさに、恐れない過信を用いたばっかりに悲劇を起こしてしまったんですね。20歳で命を落とすなんていうのは、本当にもったいないとしか言えませんよ。というか、運命の巡り合わせだとしても、運が悪すぎます。病気とは直接関係はないんですけど、いつでも、用心深く生きていきましょう。

少なくとも、適当になるよりかは、人生を目的もって生きることで生きる糧として使うことができますし、小さな目標から、大きな目標に変わったとき、あなたの人生を彩ってくれますよ。死んでからでは遅いですが、生きている間は自由なのですからね。私はそう感じています。

国指定難病の詳細=wikipedia

難病の患者に対する医療等に関する法律(なんびょうのかんじゃにたいするいりょうとうにかんするほうりつ、平成26年5月30日法律第50号)は、日本において2014年(平成26年)5月23日に成立した、難病対策の新しい法制度を律する法律である。法案審議の際に附帯決議が採択された。難病法(なんびょうほう)とも称される。

2015年(平成27年)1月1日より施行された。本法による制度は、難病医療費助成制度、また、特定医療費助成制度と称される。

wikipedia=引用

 

スポンサードリンク



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)

トップへ戻る