一緒に読んでみる?(*´꒳`*)!!

視線恐怖症(神経症・不安障害・セロトニン不足)を治す方法と対人恐怖症を克服するための秘策は?

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

視線恐怖症って怖いですよね。他人は、あなたのことなんとも思っていないのに

人は、あなたを嫌っている感覚がある。あなたは、他者に大して常に恐れを抱いている状態。

人生に生き辛さを感じ、時には、命を絶つ考えを起こしたのではありませんか?

でも、焦る必要は全くありませんよ。大丈夫、私も軽度の視線恐怖症ですからね。

あなただけでは決してないということを提示すると共に、どうすれば、

対人恐怖症の恐怖に打ち勝つことができるのか、克服することができるのか、

治すことができるのかをあなたに提案します。

本当に考え方一つで神経症は治すことができます。

でも、目に見えない病気ということで厄介な相手であることには変わりありませんが

真正面から、あなたは、立ち向かい今私に助け舟を求めているはずです。

スポンサードリンク


視線恐怖症の一番の原因は、自分に対して自信を失くしているためである、ならば、一つの趣味を極めて徹底的に没頭・集中すればいい

正直に言いますと、精神科に通っている人は分かるかもしれませんが、

視線恐怖症や、対人恐怖症を発症させている悪魔は、

セロトニンという脳内幸せホルモンが絶対的に不足しているからという

科学的根拠に基づいています。あなたが自分に対して自信がないのは分かります。

人の視線が気になるということは、周りの状況が人で溢れ返っていた場合

息苦しくなりますよね。渋谷のスクランブル交差点が良い例ですよね。

あなたが、人混みにいて気分が悪くなって、敵意を相手に向けている時点で

正常な状態とは言えません。その場合、施せる対策は、何ヶ月か引きこもり生活を

実現することです。一番実現してほしくないのは、

自分の嫌な変化に気付いているのに、無理に人前に出ることです。

これは、視線恐怖症を逆に悪化させてしまいます。

神経症克服で大事になってくるのは、イメージなんですね。

思い込みが極端に強まり、被害妄想が更に強化されたレベルなのでね。

それならば、家族や両親に視線恐怖症のことを正直に告白して

しばらく、仕事を休み休息を設けましょう。悪化させないようにするには

何か一つ、あなたが徹底的に取り組めるような趣味や

物事を極めることが大事になってきます。

視線恐怖症になると、たとえ、薬を飲んだとしても完全に完治させることは

不可能なので、症状を和らげたり、人前に出ても恥ずかしくない緊張しないレベルまで

あなた自身を強化する必要があるということです。

無理をするなとメンターが言ったのは、レベルが上がっていないうちから

戦場に飛び込んでも返り討ちに合うのが目に見えているからなんですね。

場慣れする、わざと人前に出て視線恐怖症の根本的問題である、視線に強くなるという

認知行動療法という解決策がありますが、正直メンターはオススメしません。

特に、あなたの気分が悪いときには、行動できませんよね。

だから、可能性が低い方法を試すよりも、精神薬を服用して時間経過と共に楽にしていく

という方法が一番近道なんですね。認知行動療法については、あなたが、

日々の中で気分が良い日が連続して続いたら外に試しに出てみて電車に乗ったり、

わざと人前に出る工夫をしても全然遅くありません。

また、対人恐怖症に陥っている場合、音や周りの反応に超敏感になるので、

余計な音を遮る、無理に人と会話しない、鬱病を既に発症しているあなたの場合は、

絶対に外に出ないで下さい。カーテンを毎日開けておけば、外に出る必要はありません。

また、セロトニンが不足すると、イライラしたり、充実した日々を送れなくなくなります。

その場合、卵かけ納豆ご飯を朝食に食べることをオススメします。完全栄養食と健康食の組み合わせなので効果は絶大です。

幸せホルモンセロトニン脳内分泌の役割も同時に果たします。

毎日、7時間の睡眠時間確保。朝は、6時に起床しましょう。朝、人が少ないときに

散歩するのは大いにOKです。とにかく、無理をしないことが大事です。

一番確実な方法は、あなたの趣味に一日集中することで余計なことを考えなくて済むという

環境を作り出せば解決です。不安なことが集中することによって消えるので。

悩む回数が減ってくれば、どうでもいいやと思う日が増えれば

視線恐怖症が確実に治ってきている証拠であり前兆です。

スポンサードリンク


とにかく、無理を決してしないこと、人と同じように生きる必要がないし、あなたは生きているだけで素晴らしい

視線恐怖症や、その他の対人恐怖症は残念ながら精神薬の服用を重ねても

完全に治ることはありません。いつかは、あなた自身が自力で立ち上がる必要が出てきます。

でも、無理はしないで下さい。本当にゆっくりで構いません。

人間なのですから、当然気分にムラはありますし、正直、日々を生きているだけで

素晴らしいとメンターは思いますよ。

大体、神経症にかかる人って特別な考えや感受性を持っている人が多いです。

メンターも、実は人と異なった異彩思想を持っています。人に言えない特性といいますか

あるんですよね。でも、自分は恥じたことは一度もないし誇りに思います。

あなたが、なぜ、対人恐怖症になってしまったのか、本当の理由は私には分かりませんが

今まで、本気で生きすぎたから、一時的に疲れているに過ぎません(*´꒳`*)クヨクヨシナイコト

あなたは、生きているだけで素晴らしいです。

いつだって、この気持ちは忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク


シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)

トップへ戻る