一緒に読んでみる?(*´꒳`*)!!

目が疲れたときの視力低下(疲れ目)回復方法とドライアイ(眼精疲労)の即効改善策は?

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

パソコン関係の仕事やシステムエンジニア関係のお仕事をされている方は

目を酷使することがよくありますよね。

1点に視線と意識を集中させすぎてしまうと、目は緊張を起こし、

顔の周りの筋肉を強張らせます。すると、無意識のうちに緊張したり

生活習慣に支障を及ぼす可能性もあります。

今回は、誰でも簡単にできる視力回復方法と

ドライアイのあなたへ向けた対策をシェアします。

スポンサードリンク


温かいタオルや雑巾を目を閉じたまま、まぶた部分に優しく触れさせて20秒ほどリラックスさせる、できれば顔全体に40℃以下の分厚い温タオルをかけて副交感神経を刺激すること

視力低下を防ぐ一番の解決策は、目の筋肉を柔らかくすることなので

自然にできる無料の方法として、温かいタオルを目に優しくかけるのが手っ取り早いです。

相当のリラックス効果と共に、顔全体の筋肉の緊張を解いてくれるので

顔全体のリラックス効果を生むことができます。

また、顔に温かいものをかけると、人間のモチベはアップします。

交感神経が刺激されて、やる気が上がるからです。

逆に40℃以下のぬるま湯に浸かったり、40℃以下の温タオルを

目にかけると、副交感神経が作用するのでリラックスモードとなります。

寒い場所にいると、身動きがとりにくですし、いつもの力が出せないですよね。

それは、身体が冷えて緊張しているからなんですね。

目の酷使に対しても同じことで、温かいモノで覆うことにより

緊張を和らげながら、交感神経と副交感神経の優位状態を変化させます。

無論、目を休めているときは、副交感神経が有利となります。

また、デスクワーク最中は、交感神経が有利となります。

20秒以上温かいタオルを目に当てると、火傷や失明の恐れが出てくるので

注意しましょう。目を1分間ぎゅっと力強くつぶる方法も視力低下回復にオススメです。

スポンサードリンク


目を上下左右に動かし、視点をバラバラにする体操を行うこと、遠くを見たり近くを見たり繰り返すと、遠・近の視力感覚が正常に戻るので視力回復改善に効果的

遠くを見たり、近くを見たりすると一定の視力回復の効果を期待できます。

理由は、目の筋肉を意図的に動かすことになるので固定されない筋肉の動かし方を

実現できるからです。

つまり、視力を低下させている一番の原因は、紛れもなく、目の緊張=筋力硬化です。

主に、近くを見続けていると人間の目は疲れてくるし、目に悪いので

パソコンのデスクワーク終了時にも、遠い景色や緑の景色を見るように努めましょう。

自然な緑色が目に優しいのは有名な話ですよね。

緑は、人間にとって一番負担をかけない色とされています。(色の波長=500nm程度で短い)

理由は、人間がモノや色を識別するときに必要になる、目の中にあるレンズ=水晶体で光の屈折を行い、目に入る光の量を虹彩(コウサイ・水晶体の内部)によって変化させることで物体の対象を捉えています。(詳しくは可視光領域 目でグーグル検索)

目を上下左右にグルグルと回すことで、目の視点を強制的に変えることになるので緊張が極端にほぐれるということですね。疲れ目にも効果大です。

スポンサードリンク


ドライアイは涙の分泌が少量になる病気、即効性が高い対策は、ドライアイ専用の目薬をさすことだが、一番効率が良いのは意図的にまばたきの回数を多くすることだ

ドライアイとは、目を保護するために必要な涙の分泌量が少なくなったり、

目の潤いに悪影響が出る病気です。目を酷使している人は大体がドライアイであり

眼精疲労=ドライアイです。正式には、眼精疲労の中にドライアイという症状があります。

疲れ目は、定義として、時間経過すれば治る目の疲れを言いますが、眼精疲労の場合、

目の休憩を施しても、持続して目のかすみ、疲れ、

精神的疲労を及ぼしますので注意です。

眼精疲労は目の病気ですが、便秘になる可能性も捨て切れなくて、

精神病=ストレスを誘発することもあるので侮れませんよ。

眼精疲労にならないためには、ドライアイを対策すれば良いので

意図的に、生理現象のまばたきの回数を増やすことで涙の分泌量を上げて目を保護し

眼精疲労を抑制できます。

先ほどの、保温タオルと瞬き多数と目の体操を是非、日々のデスクワークや

目を酷使する現場で取り入れましょう。

ちなみに、市販の目薬は、できれば使わないほうが賢明です。

なぜなら、あの使用した爽快感は、言い換えれば目を痛めつけていることになるからです。

目の病気は怖いので、定期的に病院で見てもらいましょうね(*´꒳`*)

スポンサードリンク


シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)

トップへ戻る