一緒に読んでみる?(*´꒳`*)!!

【2018年決定最新版】ファルマスタッフの口コミは評判通り良い!?派遣薬剤師転職のために登録するべきなの?【随時更新】

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

私は色々な物事のジャンルについて精通している人間です。

2018年最新のファルマスタッフの評判と口コミをお伝えします。

ファルマスタッフは、派遣雇用を謳っているのにも関わらず、正式な正社員求人も数多く揃っており、全国(沖縄から北海道まで)の正社員求人を完備しています。

また、正社員ならではの年間収入で見ても、ファルマスタッフで、自分の希望就職条件で転職もしくは派遣就職することができれば、年収500万~800万円まで保障されています。月収50万~70万円程度を望めるということですね。

今回紹介するファルマスタッフは、薬剤師特化型派遣求人サイトなので、自分のプライベートを確保しながらも薬剤師として働きたい、もしくは転職を考えている人にとってうってつけの求人サイトだと言えます。

また、ファルマスタッフは、最初でもお伝えしましたが株式会社メディカルリソースという東証一部上場企業が運営するサイトになるので、大手ならではの高待遇が望めます。例えば、社会保険が週20時間から適用可能なので、週の月曜日から金曜日まで派遣形態で短時間勤務4時間働いただけでも社会保険を適用してくれます。

スポンサードリンク



ただ、普通の働き方(一般業種の短時間勤務など)では社会保険(福利厚生)の適用はされません。例えば、アルバイトや通常派遣の場合も同じことです。何か、特別な資格を有している場合や、自分だけにしかできないスキルなどがなければ社会保険(健康保険・厚生年金保険)や待遇などは考えないほうがいいでしょう。

また、ファルマスタッフに関して言えば、就職成功率が90%を超えてくるということでも注目を集めています。転職はそう簡単ではありません。まず、自分のスキルと考え方、職場に馴染むかどうか、人間関係の問題は正常なのかなど、難関が待ち受けています。

薬の専門家である薬剤師の仕事が、薬の副作用・メリットなどをきちんと理解できているということ、医療品全般の薬に関して幅広い深い知識が備わっているということから考えると、人間関係は重要な問題ではないかもしれません。

ただ、職場で悩む問題はやはり人間関係で、人と合わないからそもそも働くこと自体を辞めてしまう人が多いのも現実なんです。薬剤師で働くことができれば余程のことがない限り安定した生活を営むことができるので金銭面の安定感と心のゆとりが持てるという意味では最強です。

薬剤師の転職・就職には、資格があることが条件で、ファルマスタッフで申し込む時にも資格が必要だと条件として書かれています。これから薬剤師を考えているけれど悩んでいるんだという人には今の段階では難しいでしょう。言い方を変えれば、今現在、薬剤師として活躍しているけれど、もっと条件のいい薬剤師の職場求人を探したい人には最高の条件がファルマスタッフには揃えられています。

自分の今の立ち位置と現状の問題を考えて適切な行動をしましょう。ということで今回はファルマスタッフに申し込む際の注意点とメリット・デメリットをお伝えします。



そもそも、薬剤師とは!?

薬剤師を一言で言うなら、薬のプロ(専門家)スペシャリストです。薬や医療品に関しての広く深い知識と経験(職場実務)が要求されるお仕事です。患者の相談や悩み事に寄り添わなくてはならなかったり、買出しなど業務に直接関係ないこともすることだってあります。

薬の調剤や選定、薬が好きな人に向いている仕事といえます。また、物理的動作が少ないので力がない女性が多く就職しており、男性は稀です。その代わり、資格を生かした高給を実現できるので薬が好きでなおかつ安定した生活を求めるならまず狙いたい業種です。

どうすれば薬剤師になれるの!?

薬剤師というお仕事をするためには、薬剤師の資格(免許)を取らなくてはいけません。また、大学で薬学部を必ず卒業しなければならないと定められています。

薬剤師法に則り、大学に入学してから6年、薬学部を修業し終えることで、初めて薬剤師国家試験の受験資格を得ることができます。薬剤師の大学に通信制、夜間部、短期大学は今現在ないので、厳しい大学の勉強と経験で合格する必要があります。

薬剤師国家試験は、毎年3月中に2日間の日程で実施され試験に合格すると、受験者の申請によって、厚生労働省の薬剤師名簿に登録されることになります。好きなタイミングで薬剤師免許を発行できるということですね。厚生労働大臣から薬剤師免許が直接与えられます。

スポンサードリンク



薬剤師の仕事は!?

薬剤師が主にする仕事は、薬を使用する人に薬の内容と中身を適切に分かりやすく伝えることがお仕事です。また、調剤といって、処方箋に基づき患者にお薬を手渡し(交付)する行為などが主な業務となります。薬の正しい使い方なども薬の使用人(消費者)に理解しやすく説明する必要がありコミュニケーション能力なども要求されます。

また、セルフメディケーションと言って、消費者(薬の使用者)の身体的・精神的負担が大きくない場合、自分の考えと行動で病気を治療していく患者の手助けを行うこともあります。患者一人一人に寄り添う形で病状を把握し、適切な薬を選定してあげるスキルも大切になってきます。また、薬剤師だけの力ではなす術がないときなどには、専門的な病院等の機関に連絡をしたり患者と病院との架け橋になる場合も多々あります。

薬剤師は複数の種類(ジャンル)がある

薬剤師という名前は一つだけしかありませんが、薬剤師の中にはやることが分かれており、働く場所や扱う薬の種類によってジャンルが変わります。

薬局の薬剤師

医療品や薬の調剤を薬局で行う薬剤師の名称です。薬剤師といえばまずこの薬局薬剤師に馴染みを感じる人もいるでしょう。薬剤師とは一般的に薬局薬剤師のことを指します。また、そのほかにも薬剤師の種類は幅広いです。

病院や診療所の薬剤師

薬剤師にはジャンルが分かれており、馴染み深い第2位はこの病院等の薬剤師でしょう。薬の調剤(消費者に合わせた薬の選定)と調製(消費者の注文に沿った薬の作成)や注射点滴による調製、患者の健康を第一に考えた薬の飲み方の指導(注意点ど説明・副作用の理解チェック)などを主な業務とします。難易度で言えば薬局薬剤師よりハードルは上がりますが、やりがいがある、静かで綺麗な場所で働くことができる点が魅力的です。

スポンサードリンク



学校の薬剤師

馴染み深いとは言いがたいですよね。薬局薬剤師であればともかくとして。学校薬剤師の特徴しては、教育委員会などから委託(お願い)を受けて出張する薬剤師のことを言います。小学校・中学校・高等学校等を担当として任されます。この学校薬剤師は少し特殊で、学校で言う、教室の温度・湿度・空気・照明(明るさチェック)などを行います。

学校の建物などの健康的衛生管理や、プールの水が正常なのかどうかを調べたりもします。時には学校の周りで騒音が響いている場合もこの学校薬剤師の担当であり、解決策を提案し学校に助言を加え指導します。環境改善という意味合いが強いですね。薬物乱用防止(大麻・コカイン)など使用禁止指導、生徒に対するアルコールの注意喚起、正しい薬の使い方なども教えます。

災害時の薬剤師

この薬剤師を聞いたことある人は少ないんじゃないでしょうか。そうです。東北大震災などの大規模災害に備えて、もし仮に自然災害が起きた場合、避難所などに出動する薬剤師のことを指します。医療チームと共に行動し、患者にあった薬の提案・調剤・調製などを行うことが主な仕事です。緊急時という意味合いが強いので職能が大きく発揮される場合が多いです。

スポンサードリンク



行政の薬剤師

簡単に言えば、国に勤めている薬剤師のことを総称して(言いくるめて)いいます。薬事監視員の業務を遂行します。例えば、薬の表示・保管・適正使用などのチェックを随時行い、指導します。麻薬を取り締まる麻薬取締官や、自衛隊薬務官としての幅広い活躍をしています。思ったよりもやることは多いことに気づいたはずです。行政薬剤師は、県や県庁、保健所の働き手としても活動しており、国ために動いている薬の専門家と呼ぶことができます。

卸売販売会社の薬剤師

ここまでくると、薬剤師と一般的には浸透していない気もしますが、薬剤師のお仕事として重要です。薬局や、病院へのお薬の販売業務、問屋(トンヤ・トイヤ・商人の通称)で働いている薬剤師のことを言います。薬局からお薬について質問・要求等があったときに適切に分かりやすく答える能力(スキル)が必要となります。薬局薬剤師が知らない薬の専門的な深い知識を卸売販売会社の薬剤師は担っています。

製薬会社の薬剤師

製薬会社の薬剤師と聞くと、お堅いイメージがあるでしょう。薬剤師の根幹とも言えるお薬自体を作成している薬剤(医療品)研究チームのことを言います。お薬の使用方法ではなく、お薬自体を作るために必要なスキルと知識、経験が問われます。化粧品は薬事法に基づき、規制されているので化粧品に特化(化粧品開発専門の薬剤師)も存在します。

このように薬剤師は複数のジャンルが存在し、あなたがなりたい薬剤師と照らし合わせて行動する必要があることがお分かり頂けたでしょうか。

以上の予備知識を再度踏まえた上で今回、なぜファルマスタッフが薬剤師にとって圧倒的に有意義なのかを分かりやすく攻略します。



大前提としてファルマスタッフは薬剤師特化型転職求人サイトだということ

薬剤師がどこの現場でも求められるほど需要があることは明白ですが、通常の求人サイト王手であれば、薬剤師に特化はしてないので、他の求人内容と同レベルの雇用条件しか提示していないところがほとんどです。冒頭で説明した社会保険についてもまさにこれで、短時間勤務で社会保険が適用される中堅会社などは多くありません。

王手有名企業ですら8時間以上の身柄拘束が当たり前な現状の中で、短時間4時間勤務で社会保険が適用されるというのは大きなファルマスタッフ独自の恩恵としか思えません。たったこれだけで登録しておく価値があるぐらいの破壊力がありますよね。薬剤師になるということはなるまでの期間が大変ですが、なった瞬間天国みたいな生活が待っていることも事実なんですね。

ファルマスタッフには、正社員の薬剤師求人も勿論あるが、派遣雇用の薬剤師求人もあるというメリットとデメリット

正社員というイスをみんなで競争して取り合う姿勢は未だ2018年現在で変わっておらず、過労死報道や働きすぎなどの問題を抱えている企業が数多く存在します。雇用者側(正社員)の待遇が良すぎるために起こる派遣切りや派遣村などの問題もあります。

正社員は、8時間固定が当たり前、時間的にはどう考えても幸せではありませんよね?派遣であれば、自分の好きなタイミングで働く時間を選べたり、働く曜日を企業に左右されることもないので自由があります。しかし、派遣で安定は図れません。安定を取るか、自由を取るかに迫られます。とは言うもの、薬剤師の職場はどこも静かな綺麗な場所が多いです。

それは当然ですよ。薬を扱う、人が飲むもの(食べるもの)に危険が1パーセントでもあるなら改善する価値が十分にあるからです。そもそも、衛生問題として有り得ない状況ですが。正社員として雇用されるということ、派遣で雇用されるということの意味をしっかりと理解しましょう。

スポンサードリンク



ファルマスタッフ唯一のデメリットは、薬局関連の求人情報、薬剤師の求人情報しか取り扱っていないということ、普通の働き方をする求人を探すことはできないという点だけですね。少なくとも、薬剤師になりたい、もしくは、今現在、薬剤師で再び薬剤師で転職を考えている人がファルマスタッフに登録していないというのは少し疑問が残りますね。それだけ断言できる理由がファルマスタッフにはあるからです。

業界最大クラスの求人量、正社員求人数5600件ほど、そして、圧倒的な情報量とサービス品質、出張面接などを行っているぐらいですので、まだまだ元気な業界であることは確実です。エリア担当のコンサルタントを設けて雇用者の利便性を図ると共に、田舎にも出向く親身すぎる徹底的サービス内容、有給休暇の取得率の高さにおいては、72パーセントという有名企業と同じ水準レベルなんです。勿論、産休・育休もばっちりで子育てに忙しい主婦さんでも時間を調節して働くことができます。

一番、メンターが素晴らしいと思ったのは、教育(社員体制・育成)がしっかりしている印象を受けたところです。先ほど出張面接のことを、少し触れましたがまずこの時点で他の薬剤師求人サイトよりも優れていると感じました。頼もしいという印象を与える面、ビジネス面から見てもファルマスタッフは商売が上手いですね。エリアにスタッフを設けて超田舎の人でも大手待遇の仕事を探せる状況にしたというのは大手ならではの賢い戦略です。



ファルマスタッフの薬剤師教育体制の中身

ファルマスタッフの教育体制は他社と比べても郡を抜いています。

その中身をご紹介します。

教育研修制度

薬剤師として始めて働きたい方や転職に向けた30分程度の導入研修制度です。この教育研修制度は更に3つに分かれています。

入職時導入研修

ファルマスタッフの派遣社員全員を対象とした入職研修制度です。派遣JOBガイドを使い、薬局で実際に働く前に、患者に接遇したり訓練を行います。

キャリア支援研修

条件としては、フルタイムで1年以上雇用見込みがある人限定の派遣社員に年間を通して、約8時間のキャリア支援研修を行うプログラムです。

実務の内容は、薬品・疾患を対象にした実務経験知識から学び、薬剤師に必要な法律や保険制度を学びます。そして、幅広い薬剤師に関する雑学をドリルや資料などを用いてe-Learningとして勉強します。所定研修時間というものが定められており、その時間に従った研修内容となります。

e-Learningの意味は、インターネット(パソコン)を利用した学習方法のことを言います。パソコンなどを使って図解を用いて説明し分かりやすく学習していくことを言います。通常、人間が物事を理解するのに一番分かりやすい方法として図解を用いた説明が一番適しているといわれています。例外としてたとえ話で理解させる方法もあります。

スポンサードリンク



情報量豊富な研修資料

派遣JOBガイド

安全衛生や接遇に関する知識がまとめられたテキスト資料で薬剤師になるための予備知識の理解を深めます。

JPLearning II

薬理、病態を基本とした実務知識と薬剤師に必要な法律知識、保険制度の幅広いジャンル知識をドリル演習と豊富な資料で学習できる研修です。

薬剤師スキルアップ講座

給料明細の中に、ファルマスタッフ独自の質問コーナーや専門知識を導入した紙が入っているんですね。そのため、ポイントを絞って知識を深めることができるので、スキルアップを素早い時間で行うことができます。効率がいいですね。

スポンサードリンク



ファルマスタッフDI室が設けられている

ファルマスタッフがメールで入職前の派遣社員のお薬についての疑問や悩みを解消できるサービスです。専門知識がある担当者が直接答えてくれるので悩みは早急に解決してしまいましょう。

ファーマシーセミナー

修業期間中である派遣社員は、日本薬局学会主催であるファーマシーセミナーに無料で参加できるというサービスです。無料というよりは、参加費をファルマスタッフが代わりに補填(代わりに支払う)という形です。どちらにしろ薬剤師入職前の派遣社員にとっては嬉しい朗報です。全国20箇所の場所と地域で毎月開催されているので新薬や新しい最新の治療方法に触れることができます。早い話が、認定薬剤師の単位取得対象となっている勉強会です。

ファルマスタッフは独自のキャリアコンサルティングを行っているということ

キャリアコンサルティングとは、職業の技能や知識を伸ばすために定期的に行われる面談みたいなものと考えてください。ファルマスタッフの派遣修業を通じて、キャリアアップを実現していくためのサポートをしてくれるんですね。

また、ファルマスタッフに登録することが条件ですが、有資格者によるキャリア・カウンセリングも行います。キャリア・カウンセリングとは、あなたがどのような薬剤師に向いているのか、方向を決めたり、どの職場でやりがいが持てるのかを話し合って道筋を立ててくれるんですね。一緒に考えてくれる人がいることは心強いですよね。



安心の専門スタッフと機械学習で薬剤師を徹底サポート

そして、JPラーニングのインターネット(パソコン)学習を用いて指導してくれるので手取り足取り全てファルマスタッフが全て丁寧に教えてくれます。薬剤師サイト大手の強みが最大限に発揮されており、いつでも薬の専門知識を兼ね備えたスタッフがいることは薬剤師入職前の人にとっては嬉しいサービスです。

ファルマスタッフのサイトはこんな感じ

メンターも使ってみましたが、とても求人が探しやすかったですね。エリアの詳細なども分けることができるのは勿論のこと、ボタンの配置やサイトデザインなど学べることも多かったです。なにより、薬剤師の求人の数に驚きましたね。

2018年01月15日(月) 現在 公開求人数52322件に上ります。これは薬剤師サイト最大手の称号をもらうことは必然だったとしかいえません。

その他ボタンを押して検索をかけてみましたが、やはり、薬剤師以外の仕事は出てきませんでしたね。ということは、薬剤師の仕事に関して言えば、このサイトも薬剤師と同じくスペシャリストであり、圧倒的な自信と薬剤師に対する強いこだわりがあるといえます。

ファルマスタッフの意思表示も力が入っており、薬剤師に関しての絶対的自信が伺えます。また、ファルマスタッフに関しての口コミも高い評価が多いです。悪い噂は全く聞きませんし、メンターも調べてみましたがほとんどが高評価でした。

今回の総まとめ

薬剤師のスペシャリスト、ファルマスタッフにおけるメンターの評価は、5段階中5評価です。圧倒的な社員教育環境が少ない中で、数少ない王手の信頼感と安心感は計り知れないほどに雇用者側と会社側にメリットを生み出します。

薬剤師を今現在しているけど、今の職場が気に食わないからファルマスタッフに全てをかけてチャレンジする人生を歩むことを選択することはメンターとしては大いにアリだと思っています。また、登録自体にお金がかかることがなく、無料で薬剤師に関する情報を自分自身と共有することが可能なのでとりあえず、薬剤師登録だけしてみるのもお勧めですね。

今回、調べてみて感じたことは、改めてファルマスタッフが完全薬剤師特化型サイトだということを痛感しました。そして、サービス品質の高さと安定感、どれをとっても一流だと実感しました。サイトが使いやすいというのは会社の顔にもなるわけなので。

これから薬剤師を目指している人、薬剤師から再び、いい条件での薬剤師転職を希望している全ての人へ向いているとメンターも自信を持って言えます。

薬剤師の求人・転職ならファルマスタッフ

シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)

トップへ戻る