一緒に読んでみる?(*´꒳`*)!!

アフィリエイトで、被リンク(バックリンク)を意識する必要はあるのか。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです!!

今現在、2018年、アフィリエイト手法における、ホワイトハットseoとブラックハットseoですが、正直、どちらも試してみて、検索上位表示向上の体験をしてみるといいでしょう。

何事も、自分の目と経験で確かめないことには確証と自信を図ることはできません。結果的に被リンクが有効なのかについて、今回はお話していこうと思います。

それでは、いきましょう!!

被リンク(バックリンク)って何?

被リンクとは、自分が運営しているメインサイト以外に、サテライトサイトを運営し、自作自演という形で、自分のメインサイトにURL形式のリンクを送ります。

被リンクを送る、バックリンクをサテライトサイトから、送られると、検索エンジングーグルは、メインサイトをより、優良なサイトだと判断します。検索順位向上の視点から見ても、バックリンクを、送ることは一定の成果が期待できます。

サテライトサイトとは!?

サテライトサイトとは、被リンクを送ることを前提に作られたメインサイト以外のサイトのことを総称して呼びます。サテライトサイトを無料ブログや、無料サービス、もしくは、有料サービスで作ることにより、検索順位の底上げを行います。

ただし、闇雲に被リンクを得るためだけに、サイトを複数作り、意図的に送りすぎてしまうと、グーグルから、ブラックハットseoという対象で見られてしまうので、注意しましょう。

一番、意識してほしいことは、正々堂々、ホワイトハットseoを意識したコンテンツ作りが大事です。少なくとも、ペナルティーを受けることを嫌うなら、ホワイトハットseoしか、道はありません。

とはいっても、ブラックハットは、2018年現在でも、アフィリエイトサイトを運営していくにあたって、重要な役割を果たします。ペナルティの程度ですが、よっぽどのことがない限り、グーグルから嫌われることはありませんので、心配は要りません。

最悪、メインサイトが検索エンジングーグルから、外されたとしても、アフィリエイトは、記事やサイトを作ってナンボの世界なので、どんどん作っていきましょう。

ペナルティーを怖がっているようでは、いい結果を望むことはできません。ただ、できれば、ブラックハットseo的な手法、もしくは、グレーゾーンな手法は、メンターはお勧めしません。

今回のまとめ

結局、更新頻度を高めること、できるだけ記事を書いていくことが、いい結果を生むことは間違いないです。特に、アフィリエイトサイト作りで、長期的視点を持って活動することは重要です。長い収益を期待するならば、必然的にホワイトハットseoという無難なサイト作りが、メンターは大事だと感じています。

ズルをして、後から、損をするなんて、アフィリエイト作業が無駄になってしまいますからね。被リンクや、バックリンクは、できるだけ、頭に入れないようにしてください。

シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)

トップへ戻る